--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-13(Sun)

強化の心得


1.両刀ナイトJISyy装備公開
2.命中強化
3.機動力強化
4.火力強化
5.優先順位
6.強化の限界
7.まとめ







1.両刀ナイトJISyy装備公開

ナイトJISyy


ナイト装備といえど,ナイトがJISの初めての物理職であり,ましてや全職低レベル装備でそろえているので,基本的に全てのキャラクターがこの装備を使う.いわば今日公開する装備は,JISファミリーのインフラのようなものである.


はっきり言って,強い
どのぐらい強いかといえば・・・

今所持金0メルからゲームを始めて,この装備を作り上げるには,
確実に4次転職しないと無理だというぐらい強い
つまりJISは二度とこの装備をそろえることができない


いや,そこは笑いどころではない
二度とそろえることができない装備を持っている』というのがある意味ミソ





箇所装備名攻撃STRDEXINTLUK命中回避移動HPMP物防魔防
武器ジャッドバラ1201200000000030
( 青雲剣 )108800000000020
( MDアックス )986000350000000
灰頭巾0000000030090
( 茶頭巾 )0000070000080
なし0000000000000
なし0000000000000
ブルームーン00900000000020
シュピゲル01111000060602727
鎧上Tシャツ019000000000110
鎧下体操着000000120200000
全身( 剣道着赤 )0010000000150360
手袋灰軍手10000000000031
( 白軍手 )001300220000030
青革靴000000015000130
( アイゼン赤 )00000 11203000205
マントイカルス速00000001000000
( 着古マント )010000010000000
( 冒険マント茶 )0012000000001510
機動力装備13032101101225236060  
火力装備13042101102215236060  
フル命中装備98745117519307560 


黄色に塗った部分がJISが通常使っている装備,機動力装備
移動丸薬を使えば常時移動135%,ジャンプ123%である
メルがもったいないので,靴の移動強化と,鎧下のジャンプ強化の組み合わせである
キー装備の灰頭巾とイカルスマントに至っては,未だに強化していない

JISのくせに武器攻撃力が予想外に高いと思ったかもしれないが,斧ナイトはJISの初めての物理職メインであり,たくさんキャラを持っているなかでこのキャラだけ特別扱い,他のキャラクターの武器は基本的に100%強化だ









2.命中強化

JISは通常は機動力装備で狩っている
機動力装備に命中補正がどれだけあるか?


命中(0) + DEX(10) =


早い話が,JISは装備で命中補正をしないので,基本的にDEX振りまくりである
そして,その方針は今後戦士を新たに育成する場合も変わる予定がない






強化の心得 其の一
 無強化も立派な強化である
強化の心得 其の二
 装備なしでも経験値を溜められるステータスは確保せよ



育成の基本は初心者に始まり,進化の過程を忠実にたどるところにある

ちなみに,戦士以外は何も考えなくてもレベルが上がれば全ての敵に当たる
戦士の育成だけは原点を意識しないと狩りができない,特別なノウハウのいる職である

装備が全部消えても最低限の狩りを行えるようにする
事故で装備が全部消える可能性は0ではない
装備強化は,あくまでプラスアルファの要素である

ナイトJISyyの素DEXは現在70であり,機動力装備での命中値は丸薬込みで87である
仮に装備が全部なくなっても,ヘクタぐらいは狩れる





さて,命中装備を見てみよう
命中装備はかなり充実させてきた

命中22軍手(総命中補正32)
DEX12マント(命中補正10)
アイゼン(命中補正11)
チキン剣道着DEX10(命中補正8)
茶頭巾(命中補正7)



これらの装備,全て攻撃手袋より先にそろえた
これにメイプルアックスを加えると,機動力装備時に比べ,命中が最大103上乗せ


JISyyは現状でも命中87~190までを段階的に調整できる柔軟性を持っている
今後LV120までの間に,素DEX100を目標にしている
そこまでいくと,下の方では機動力装備でのブレイブパイレーツ必中が,
上のほうではメイプル武器無しでのリザードマン系必中が視野に入ってくる


もとい,DEXに振りすぎで困ることはない




特に命中装備の中でのポイントは命中手袋

命中手袋


世間の教育では命中手袋よりも攻撃手袋の方がよいとされている
確かに攻撃力は高いし,命中するなら攻撃手袋の方がよい

だが,先に手に入れるべきなのは命中手袋,というのがJISの持論

物価は現在と比較にならないが,JISはこの命中軍手を買うために,当時の全財産をはたいた
もちろんどの程度の能力のモノを手に入れるかは,相場と自分の財布との相談になるが,
命中手袋は戦士を育てるなら一生モノの財産,それだけの価値がある



例えば,攻撃12軍手が売っていたりすると,
攻撃10軍手を持っていても,『攻撃12軍手に買い替えようかな?』とか思うだろう?
火力強化には際限がなく,常にプレーヤーは上位装備への移行を狙っている


でも,例えば命中15軍手を持っている状態で,命中22軍手が売っていたりしても,
『命中22軍手に買い替えようかな?』と思うことは稀である
そんなところにメルを使うより先に,他の事にメルを使ってしまう
命中手袋は,必要性から手に入れるものではない
育成計画により自発的,計画的に手に入れるものだ



戦士はその性質上,命中がいくらあっても必中しない狩場があり,命中手袋は必ず必要である
だが,最終的に攻撃手袋を手に入れてしまうと命中手袋は次善の装備になり,入手優先度が下がる
命中手袋は攻撃手袋よりも先に手に入れる必要がある


そして,先に言ったように,命中手袋は一度買ってしまうとなかなか買い替えられない
最初に買う時にどれだけいいものを買うかが一生を決めてしまうといっていい



強化の心得 其の三
 何度も買いなおす装備よりも,一度しか買わない装備が大事








3.機動力強化

強化順序は命中に譲るが,機動力はメイポの最重要パラメータである

メイポは敵を叩くだけのゲームではない
狩場内の移動だけでなく,グループクエストや街の移動まで,全てひっくるめてそれがメイポ
機動力強化はINしている時間全体に効果のある,超重要パラメータ


強化の心得 其の四
 ゲームは狩場だけではない




メイン装備


機動力強化が特徴的なのは,一度作ればそれがほぼ一生モノになる点

書は安い値段で出回っているので,それなりの強化品は作られているはず
それなのに,機動力強化品は火力強化品と比べて,市場で見かけることが少ないだろう

それは別に強化数が少ないからではない
機動力強化品は高くは売れないので,強化する人は自分自身のために作る
火力強化と違って,多少の強化ミスも妥協するので,失敗品が出ない
機動力装備は自分で自分のために作るよりしょうがない


上のジャンプ体操着と移動革靴にせよ,相当のメルと時間を費やして作った
丸薬込みで移動135%,ジャンプMAX,強化費用は実際赤字だっただろう

でも,この装備はプライスレス
いくらもらってでも売れない,職人の仕事道具









4.火力強化


火力強化に関しては,財布と相談してそれ相応のものを買えばいいとしか言いようがない
ただし,先に言ったように,火力装備の優先度は命中・機動力に比べて低い



強化の心得 其の五
 火力強化はあまった資金







5.優先順位

もし,いつでもポイントを持っていてレンタル装備を購入可能なら,この章を気にする必要はないし,
そうでなくても自分のやりたいようにやればいいが,とりあえず頭の片隅にでもおいておいておくれ


メイポはビジュアル重視のゲームである
見てくれはメイポで最も大事な要素である

どれだけ火力が弱くても,来ている服がおもしろければ周囲はちゃんと評価してくれる
どれだけ火力が強くてもアバターセンスがなければ,それはただの成金という評価になる

火力は金で買えるが,センスは金では買えないのだ
それ以前に,気にいらない服を着ていると,自分のモチベーションが上がらない
それは結局回り回って火力以上に効率を下げる要素になってしまう


上の表を見て奇妙に感じた人はいないか?
ビジュアル重視なんだったら,茶頭巾は明らかにミスマッチだろう


装備比較



くだらねえことだが,命中装備は茶頭巾に合わせてある

強化の心得 其の六
 ビジュアル >>>>>>> 火力







6.強化の限界

資源問題

2年前,メイポでは1p=4,000メル,今の10分の1以下の相場でポイントが取引されていた
狩りでメルを稼ぎ,ガシャポンアイテムの呪い書で強化が当たり前のようにできた
今は書が高騰しまくって強化などできないのは周知の事実だ


JISは,1p=4kの当時から,『努力をすれば強化資金がたまる』という考察を奇異に感じていた
もし仮にワールド全員が努力をしたらどうなると思っているのか?

ポイント,レアアイテム高騰
少数の効率マップにプレーヤーが殺到
ボス戦での果てのない利権争い
→ 低所得プレーヤーは市場から締め出し
→ 短時間プレーヤーは狩場から締め出し
→ 新参プレーヤーはボス戦から締め出し


それがプレーヤーの夢見た『努力をすれば報われる社会』の成れの果ての姿
全員が努力をしようとした結果,努力をしても9割9分の人間はスタートラインにすら立てない



メイポがこうなることは,4次職実装MTS関係無しに分かっていた

以前のメイポで強化が好き放題できたのは,
ごくごく一部のプレーヤーしか強化に手を出していなかったから,
そして強化の水準自体が低かったからに他ならない

更なる鬼強化を求め,後発のプレーヤーが同水準の強化を望めば,
資源の奪い合いになるのは自然の流れ

そしてその結果,神強化を手にするプレーヤー強化すらできないプレーヤーに二極化した


これは『良い・悪い』で語れる問題じゃない,自然現象だ


JISがいいたいのは,強化をやめろということではない
強化品が手に入るのが当たり前だと思うんじゃないってことだ



物理的に全員にいきわたるだけの資源・機会はない,今も昔も


強化の心得 其の七
 諦めが肝心


上には上がいる以上に,下には下がいる
君が上を目指すことが正しいのだとしたら,誰かが君を蹴落とすことも正当化される
それは努力の問題じゃない,誰かが勝ったとしたら,必ず誰かは負ける










6.まとめ

強化の心得

其の一
 無強化も立派な強化である
其の二
 装備なしでも経験値を溜められるステータスは確保せよ
其の三
 何度も買いなおす装備よりも,一度しか買わない装備が大事
其の四
 ゲームは狩場だけではない
其の五
 火力強化はあまった資金
其の六
 ビジュアル >>>>>>> 火力
其の七
 諦めが肝心








カテゴリー タイトル 投稿日
ナイトJISyy
次回 チャットの中の番人 2008年7月25日
前回 ぐりふぉん! 2008年6月16日
全職スキル振り ― 総目次

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

ジャッドバラと青雲剣の物理防御の数値逆じゃないですか?STRと物理防御で計算が合わなくなるんですが・・・。

諦めが肝心というのは真理ですが強化書を自力で集めるためには向上心が必要だったりします。
いっそ確率低くていいので全種類の10,60書ドロップすればいいのに。ただ、この前のドロップ変更で大分種類は増えたみたいなのでこれからに期待ですね。

ビジュアルに関しては戦士は頭巾以上のものはなさそうですね。まぁ変なのならいっぱいありますがw戦士はステ振りもビジュアルも玄人向けですねぇ。

ところでJISさん。鎧上のSTR強化がすごすぎるんですけどあまった資金でやったんですか?現在は物価が上がりすぎで比べられないにしろ、相当かかっているように思えますが?

No title

今の相場がどうかは存じませんが
露店を利用しなければいいのでは?
…なんて意見は軽はずみですかねぇ;;

昔、僕がメイポやってた頃は
雫で必要な強化書落とすMOB調べて
自力で落としてましたよ(笑)
露店の存在を知るまでは、ですが。

あとその上下鎧強化品、
恐らくですが
タオル全盛期に作ってません??
だとすると素晴らしい洞察力をお持ちですね(笑)

No title

機動力強化に関して、高レベルにおいてはモンスターライディングがあるため、それほど重要性があると感じないのですがJISさんはどういった見解をお持ちでしょうか。
昨今のインフレから相対的においしいと思います。
もちろん、効率が機動力強化>火力強化となる場合もありますから、状況に応じてとなりますね。

また、6の強化の限界において、強化人口だけの理由ではなく、以前JISさんが提示されたドロップ率のお話での、
「同一のドロップ率なのに複数ドロップを手に入れる人がいれば全く手に入れられない人もいる」
という事実も強化で同様にあてはまりますね。
先行者利益のほかにもこういった勝ちが勝ちを生んでいくという効果も見逃せないでしょうね。
逆正弦定理というみたいですが正確な出典はみつかりませんでした。

単位HPあたりの経験値量がレベルに比例して増える高レベル領域では命中強化による格上狩りが状況次第で火力強化を上回るのではないかと思います。
軍手がうらやましいですね~。

No title

上記の内,自力強化したものは以下の5点のみ
・ ジャンプ体操着(30%×5)
・ 移動革靴(30%×2,60%×3)
・ 剣道着(100%ベタ張り)
・ シュピゲルマン
・ メイプルデーモンアックス(60%ベタ張り)

要は,基本的には買い専門で,供給がコアな品のみ自力強化ってやつです(笑)


『STRワンラインTシャツが鬼過ぎないか?』の指摘については,
涙の虹さんが指摘している通りです.


―――――――――――――――――――――――――――――――
力の書(鎧上)は2年前時点では屑書の一つだった
理由は,鎧下の強化書がジャンプと防御しかなかったから
その時代は防御の計算式も現在とは違い,タオルの全盛時代
話題のワンラインTシャツは現在の常識では考えられないほど安かった

力の書(鎧上)の高騰開始は素早さ(鎧下)実装による.
現在はインフレも相まって,おいそれと手が出せる品ではない
―――――――――――――――――――――――――――――――




>細裂きさん
確かに逆でした,ありがとうございます.

『自力ドロップで強化書を集める”自給自足”』が成立するなら,それは確かに理想的なゲーム設計の一つであるとは思います.ただ,現状のドロップ率では,キャラクターの成長速度に対してドロップ率が圧倒的に低すぎるんですよね.結局,高レベルになってプレイの密度が低くなってからの”道楽”の域を出ない.
その上,現状のNEXONの政策を見ていると,ガシャポン収入が減るので,ドロップ率改善への期待は薄そうです.

ビジュアルに関しては,最後は自分が納得するかどうかの問題ですね.
高レベル域に行くと『サクチケがある時点で』課金しているプレーヤーの比率が圧倒的に高いのでそういう問題は起こりにくいんですが,やはりそれもある種の格差の表れなんでしょうね.

ワンラインTシャツの曰くについては上に書いたんですが,
『この品を買えば,二度とアップグレードする必要がなくなる』というので,
今に比べれば安いにせよ,かなり無理して買った記憶がありますね.



>涙の虹さん
『露店が高いなら,露店を使わなければいい』
露店というのは元々経済を効率化するためにありまして,
多分・・・ですが,”キャラクターの時給”を換算すると,
露店で買う以上のコストが自力回収にはかかっていると思います.

ただ,”キャラクターの時給”という不可解な表現を使いましたが,
もし『キャラクターの狩場での時給は0メル,フリマでは100k(狩場は遊び,フリマは仕事)』という二重基準を主張する場合,『露店が高いなら,露店を使わなければいい』というのも成立しうるのも確かです.

結局,『たかがゲームだし自分が最大限楽しめる方法で』って結論になるんですけどね.

露店の存在をファーストキャラ時代に知らなかったのは私も同じです.
雫の存在すら知らなかったというので,涙の虹さん以下ですな(笑)


素早さ鎧下書の実装を読んでいた,などということは決してありません.
DEX書の実装は有り得ないでもないかと思っていたんですが,
それに移動がついていたと知った時は私もさすがに呆れましたけどね.




>psさん
機動力の広義解釈にモンスターライディングを加えると言うのは,
十分あり・・・というか,自然な解釈の一つだと思います.

なぜ私がモンスターライディングを加えないかというと,それは私の育成事情です.LV100前後で”寿命”が尽きる私の育成において,育成終了が視野に入ってきたLV70で固有アイテムに20Mを投資することが採算に合ってないんです.(実は,そういう事情でモンスターライディングを見送るマルチ育成プレーヤーは少なくないです)

確かに育成過程で手に入ってくる書などを売れば”それぐらい”の費用は全キャラ作れるのでしょう.でも,私の情報収集力では既に現在の大荒れする市場を渡っていけるだけの情報が収集できない.確かに大きなメルは動かせるようになりましたが,逆に『情報負け』した場合は損失もバカになりません.『長い目で見ると,目先のライディング投資よりも,アイテムを持っていたほうが安心』という意識が働いて,アイテム売却しての資産作りを先送りしています.どっちが”正しい”のかの結論は出せないですね,検証のリスクが高すぎて.


ドロップ率の時の定理がここにも当てはまるというのもおっしゃるとおりです.
ところが,ここも経済力の差で,大量に投資することで『確率どおりの勝ち』を得られるプレーヤーと,博打に出るしかないプレーヤーで確実に格差ができています.
『一次元のランダムウォークは直線を埋め尽くす』というのがあって,『資金が十分あれば,賭けは必ず勝てる』んです.(もしかしたら逆正弦定理というのもランダムウォーク関係の定理かもしれません)

命中考察と言っても,火ブル時代以降で特にリプレ実装を考慮した命中考察というものが存在しないので,命中強化が火力強化に勝つ可能性というのは確かにあります.というか,現状4次転職前に攻撃軍手と命中軍手を両方そろえようとする時点で困難が大きいので,私なら命中の方を薦めますね.

攻撃軍手を買ったのもインフレ前です
二度とアップグレードできないかもしれません(苦笑)


No title

返信ありがとうございます。

たしかにJISさんのプレイスタイルだと装備を使いまわす方がよりコストパフォーマンスがよいかもしれませんね。
現実とは違って長い目でみると細かな波はあれどインフレは明らかですしね。

逆正弦定理の話で、ランダムウォークが挙げられましたがまさしくそれからきたものだと思います。
資金があれば十分に試行でき期待値どおりの結果が出て一発勝負の低所得層に対してアドバンテージがあるのは確かですね。

個人的な経験から、命中強化が役に立つのは最強(or上位)MOBでは非適正となるレベル帯だと考えています。
さらに言うならいわゆるグル狩りに適した強化ではないかと。
クレ・プリ系列(あるいは他の低いHPを持つ職)の、"HP強化と対を成す強化"であると思います。
上位レベルの仲間と狩れる利点だけでなく低いレベル同士でも上級の狩場に挑戦できる(しかも高効率)という利点が挙げられます。
極限では恐らく火力強化に軍配が上がりそうですが、条件付きでかなりのパフォーマンスが引き出せると体感しています。

No title

>psさん
結局は,強化競争は『金持ちが勝つ』という何の変哲もない結論になるんですよね.
おもしろくない(笑)

命中手袋は,非適正レベルで役に立つ,私もその通りだと思います.
攻撃手袋では当たらない敵のためのもので,もともと『非常用装備』なんですね.

攻撃手袋しかない場合の最大の欠点は狩場柔軟性のなさ,特に全職でほぼ唯一命中が問題になる戦士は,グループ狩りにせよ,ソロ狩りにせよ,命中をどこまで調整できるのかが装備強化のポイントになってきますね.

お邪魔しました。
よければ私のブログも覗いてみてくださいね^^
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
目次

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
新着サイト
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。