--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-20(Tue)

レベルが上がった

JISyn現在LV39,LV40が育成の一段落

JISファミリーにおいて,シーフLV40だけは特別な意味がある

サブ用武器としては唯一の10M級であるペットボトル
シーフにだけ用意された特権




空のテラス


レベルが上がるということは
必ずしも手放しでうれしいことではない



同じ強さに戻るには              
また最初から今のレベルまでキャラを育てなくてはいけない

たくさんのキャラを非効率に時間かけて育ててきたからこそ
その重圧がのしかかる

残された100%の経験値をどうやって使い切るか
その来るべき時のために,       
残された時間でできる限りのことをやらねばならない






雲のテラス


忘れ去られた狩場,忘れ去られたモンスター


今はモンスターカーニバルに篭れば
何一つ考えることなくLV50に到達できる

いや,モンスターカーニバルだけじゃない
狩場として紹介されているもの全てがそうだ


今何も考えなくても,レベルが上がってから考えれば全てを取り戻せると誰もが信じている

というよりも,信じたがっているのだろうか?





隠された塔


プレーヤーにとって,メイポですごす時間は一瞬に過ぎない
プレーヤーにとってキャラクターが生きている時間は無限だ

だが,キャラクターの寿命がプレーヤーよりも短くなることがある



人生に10歳が一度しか来ないように,成人式が一度しかないように


キャラクターも過ぎ去ったレベルを取り戻すことはできない
レベルが上がったキャラは確実に終了の時に向かって進む



若いうちにいろいろな体験をしておけというように
レベルが低い時代にしかできない体験はしておかなければならないんじゃないか?




我々はレベルが低いうちにできる限りのことを習得しなくてはならない
それがキャラクターの成長期

後からはけっして取り戻せない
それは周囲のプレーヤーを見れば分かる




クーラン草原



現実社会では勉強勉強で

効率的な勉強の仕方しか知らない人間が学歴社会の階段を駆け上がる






メイポ社会では効率効率で

効率的な経験値の稼ぎ方しか知らない人間がランキングの階段を駆け上がる





やってることは同じやないか
ならば結末も同じだ


どちらも,9割9分の凡人は壁にぶち当たる
立ち直り方を学んでこなかった人間はそこで終わりだ

  
      






怪獣退治


世界が崩壊した瞬間の生き方を考えろ
そこに変わらず残っているものは何か


今レベルを上げるべきか上げざるべきか

互角に戦っているモンスターたちと,明日にはもう格下としてしか戦えないことに


節目を乗り越える直前
こうやって,すこしだけ思いとどまろうかなと思ったかもしれない









エンディング




でも圧倒的な火力でモンスターを叩きのめしたいという
サディスティックな感情に勝てず
              
今までと同じように
99.98%の経験値を跳び越えた









カテゴリー
タイトル
投稿日
シーフJISyn
次回
決戦の時
2008年6月7日  
前回
サベジスタブの狩場
2008年4月15日
全職スキル振り ― 総目次

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

適正レベルの敵を狩る楽しさは
適正レベルの時じゃなきゃ分かんないよね><

そして汰族がまたひとり・・・

No title

なんかすごい考えさせられる言葉ですなあ。。
実際Lv上げても飽きちゃうってことがあるのはやっぱそういうことなんだなあ。。

No title

今しかできないこと、というわけじゃない。
けれども、今しか越えられない壁がそこにあるんだろうか

今を逃せば、その壁は低すぎて「超える」という感覚自体がなくなってしまうのかな。

クエストしかり
過疎狩場しかり
高レベルになって、旅をしてLvを上げるなんて そうそういかないからかもね。

狩り=楽しみの一つ
って思えていた頃だからこそ、今とは違った?楽しみがあったの・・・かな
懐古ばかりで忘れたくはないんだけどね!

乗り超えてた、あの瞬間に。
壁の上から見えた景色が・・・今でも、其処にはあるのかな  
なーんてね。

No title

>汰
また増えたのか
あまり増えすぎると50年後に少子高齢化に直撃するぞ



>ジョルノさん
メイポはレベルを上げる過程が楽しいのであって,
上げきった後に残っているのはダシの抜けた昆布です,干物,キャラクターの干物!



>らーゆ
塩ラーメン10000杯だとかいってバカやってた隣で,
3次後半を大急ぎで飛ばしていたらーゆにこそ,あの時に言いたかったことではあるのだが,


メイポで進む時間は我々現実を生きる人間とは違って無限,
すべての感動,感激がすべての人に待っている
でも,そこを急いで通り過ぎた人間にそれを取り戻すことはできない
ただ後悔だけが人並みに残されている
そういうことかな

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
目次

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
新着サイト
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。