--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-10(Wed)

クレイジージェネシスト検証

HP生ぬるぽ最新記事 クレイジージェネシストへの感想

聖魔考察サイトメイプル論文HPプリとして生きる ぬるま湯メイポ,通称HP生ぬるぽの最新記事が更新された.題してクレイジージェネシスト.かなり前々から予告され,おそらく聖魔の中にはかなり注目し,期待していた人も多いのではなかろうか?

読んでない人は先に読んできてほしい












かくしてJISも期待しまくっていた聖魔の中の一人である.
毎度のごとく,世間一般への聖魔の偏見を払拭してくれるようなあっといわせる記事を期待していた.



早い話が,ふたを開けてみて,JISは拍子抜けしてしまったのだ.

あれだけ長い時間かけてデータ収集して,出てきたメイン結論が,
MGを切れるからHP聖魔は黒字率が高い




・・・なんじゃそりゃ (-ω-;;)



(ジェネシス代+MG代) > (ジェネシス代)

それはジェネシスの考察ではない,MG切って黒字になるのはMGの考察だ
そんなのやらなくたって前々から検証されているじゃないか

赤字を回収するのにそれ以上の時間の黒字狩りが必要
そんなのジェネシス実験しなくたって分かっているじゃないか

ジャミロクさんはメルと効率の関係と題してグラフを載せたものの,
結局消費メル≒0近辺の考察に終始した.



今後もうあのデータに関する考察はしないかもしれない.
あれだけデータを取ったのにもったいなさすぎる.






というわけで,臨時企画というわけでもないですが,ジェネシス研究会.
ジャミロク考察への批判ではなくてジェネシス実験のデータ群に対する考察を自由に募集します.




ジェネシス実験データは考察材料としては非常に優秀で,
正直なところ考察サイト管理者としても垂涎物の神データです.
楽しい考察,鋭い考察を待っています.

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

第三のロア【中巻】   -ジェネロア狩り 理論編-

  第三のロア【中編】  -ジェネロア狩り理論編-         目次 ジェネロア狩りの説明 1、赤字軽減と変わらない経験値...

第三のロア【下巻】   -ジェネロア狩り 実践編-

第三のロア【下巻】-ジェネロア狩り 実践編-動画も作成しました。 お待たせいたしました。それでは実践編に参りたいと思います。 ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

いつも拝見させていただいています。
ROM専門でしたが今回の件では同様に不満・疑問点があったので書き込みさせていただきます。

ジャミロクさんのサイトも時々拝見させていただいているので今回の記事はどんな考察なのだろうと楽しみにしていましたが、
ジェネシスの考察というよりは狩りにおける赤字効率についての考察に近かったのではないかと思います。
データはすばらしいものだと思います。自分だけのデータではなく他者との比較データも集めるのは大変な苦労だったと思います。
それはよかったのですが、赤字で稼いだ経験値/狩り時間+赤字補充時間=実質効率 という考えにはあまり納得がいきませんでした。
ジャミロクさんはマラソンをよく話題にされていましたが、実際の赤字狩りはマラソンというより鈍行列車と飛行機のような違いではないかと思います。
赤字を狩りで補うような方はまず赤字狩りはしないと思います。
飛行機に乗るからといってその代金を他のところで削ったりさらに働く人はいないでしょう。
時間と金の等価交換をわざわざ同じ天秤にのせて計るのは少し考察がずれていると感じました。

まぁ、ひとつの職で検証なさっているからそう考えがちになるのでしょうが、
効率⇔黒字の対比は当たり前のことです。
効率重視の方は別キャラからの資金移送またはPの投資などの資金投入は必須ですので、
黒字狩りと同じ土俵にのせるのが間違いです。

中にはいい記事がたくさんあるので今回の考察は少々残念でした。ブログを書いてはいないので少しわかりにくい文になってるかも知れませんがJISさんに読んでいただけるとありがたいです。私の意見に対する間違えなどがあればお教えください。

No title

>国木田さん

記事への考察はまさにおっしゃるとおりだと思います.

ジャミロクさんの提唱する狩りサイクル
赤字狩り→黒字狩りで補填→赤字狩り

(JISが考える)一般的な狩りサイクル
黒字狩り→貯金の一部を使って赤字狩りや強化→黒字狩り

赤字狩りと黒字狩りは独立に存在し,赤字狩りによって減るのは強化などの”娯楽”費用.
赤字狩り補填のための黒字狩りを行うという状況設定は的が外れていました.




と,まあジャミロク考察批判は別にJISとしては本題ではなくて,
生ぬるぽデータを用いた,読者個々のジェネシス独自考察というのが本題です.
私はいずれ記事内でやる予定ですが,テーマを決めて読者参加型でやってみるのも楽しいかなと思いまして(笑)

No title

たかがひとつのゲームに関して、一方では「論文」と位置づけて自らの主張を発信し、
他方では「論文」とみなすゆえに、記事に対して批判をする。
厳しくも生産的な議論ができるというのは大変素晴らしいことですね。

私にとっては、「クレイジージェネシスト」の記事は論文と言うに足る内容だと判断できました。
ゲームに関する考察ですので、当然論文とみなすための厳密な基準は存在しません。
評価者の視点の深さ、オリジナリティを要求する程度によって評価が大きく左右されることでしょう。
とりあえず、以下の3点のレベルで視点を設定し、記事を解釈してみました。

<学会発表レベル>
オリジナリティと結論:MGを切れるHP狂は黒字

<投稿論文レベル>
オリジナリティ:メル自給と経験値自給とを連合させた「正味自給」という概念を新たに提唱
結論:MGを切れるHP狂プリが正味自給においては優位である

<博士論文レベル~飲み屋で教授がぽろっとこぼす意見のレベル>(抽象度、メッセージ性MAX)
主張:火力主張主義or自給至上主義へのアンチテーゼ
   →(HP狂に限らず)視点で勝負することの重要性の主張
(このレベルのは結論というより主張と表現するほうが妥当)

※ジェネシス記事のみからこのレベルの主張を読み取るのは本来誤りですが、
本当の論文ではなく個人のHPですから、このくらいを汲み取るのも読者の役割と思っています。


私が記事を読んだ感じでは、記事の価値は「正味自給」というアイディアを
オリジナルな考え方であると解釈するかによって左右されると考えました。
わかりやすく「正味自給」という言葉を使ったのはジャミロク氏であったにせよ、
以前からプレイヤーによって共有されてきた常識なのかもしれません。
その場合は、「正味自給」という言葉に価値はありません。
したがって<学会発表レベル>と<投稿論文レベル>のどちらも同じ結論であり、
管理人様のおっしゃるとおり批判されるべき記事であると思います。

私は、正味自給という概念を評価していますので、
あの記事は論文と言うに足る記事だと判断しています。
当たり前のことを、敢えてしっかりと定義して主張することは重要ですからね。

ここまで書いて、データに対する考察募集という改定を発見。
別に批判してないし、折角書いたので投稿します。
個人的にはあの記事は批判しなくていいクオリティだと思うけどなあ。

No title

>こばんざめさん

待ってました!
・・・と興奮しているのもなんですが




個人的には,今回の記事の”論文としての”観点からの批判は以下の二点だと思います.


1.事前予告及び論文名からの乖離

本来ジェネシスとHP聖魔の関係のはずだった(少なくとも周囲はそう汲み取った)が,
ふたを開けてみると主論がジェネシスからそれていた

題名からの乖離は多少問題がありますが,事前予告に関しては,学会レベルだとアブスト提出時から実際の発表までに状況が変わることもよくあり,これそのものはたいした問題ではない・・・が,今回はそれがもう一つの問題を引き起こしてしまいました.



2.汎用性のなさ

今までジャミロク論文の評価が高かったのの一つが,理論の汎用性の高さだと思っています.
例えば『レイ頻度を上げることができれば効率が上がる』
これはHPプリのみならず,プリースト全体に当てはまる上位理論でした.


しかし今回のケース,

・MG赤字説
 『MGをかけるかどうかはHPによって決定され,プレーヤーは選択できない』場合が多い.
 さらに,『MGをかけない方が黒字』というのは一切の新規性がない.

・正味時給理論
 『赤字を黒字狩りでその都度補う』プレイスタイルにしか適用できない.
 赤字狩りを行うプレーヤーは通常,バックに巨大な資金源を持っており,
 実際ジャミロクさん自身,没収はされたものの,巨額の貯金を背景に狩りしていた.


間違ってはないけど,その理論を誰がどう応用するのか?』という状態,
少なくとも工学博士論文ならその時点でリジェクトでしょう.




とはいえ,私個人の最大の批判は,
『あれだけのデータをそろえながら,何でそれだけの考察しかでないんだ,もったいない!(笑)』
という,ちょっとだけアカデミックな好奇心?の部分

今回の論文は『ジェネシス考察』と言いつつも,
ジェネシスをほとんど撃っていない状態(メル損失≒0)の考察で,
それ以外のデータはほとんど捨てデータ.
逆に言えば本来の主題はそのまま残された形と言えます.


・ジェネシスのレベルが違うのに何で全員グラフの傾きが同じなのか?
・何でYさんがHP魔に勝ったのか?
 (Yさんのグラフが変な挙動をしているのでグラフの信頼性への疑問は残るが)
・HP魔の長所は分かったが,通常魔の長所はないのか?
・ジェネシスの最適発動頻度
 0回がいい,で終わるのは面白みに欠ける
・ジェネシスの最適レベルへの見解
 提示されたプランは一般性に欠け,『プランニングによる』で終わったところに不満が残った


・・・などなど,まだまだ考察ネタはありそうです.
叩けば叩くほどほこりが出てきそうな楽しいデータでした.

No title

こんにちは。

まず、前回のご返信にあった「雲の数」。別になんの謎かけでもありません、1対多数を相手にされている管理人さんという立場をすっかり失念しておりました。お気になさらず。(もしも気になったら「初心島アップデート」の際の手前のコメをご参照ください、単なるレトリックです)。

さて、個人的には今回のジャミロクさんの記事は少なくとも現状「めいぽ」の4次スキル考察記事では間違いなく最高峰のものであり、同時に現行唯一のジェネ考察におけるパイロットリーディングであるものと認識しております。

と同時に私はジャミクロさんの記事は多様なプレイスタイルへの寛容性と可能性を主張する点に意義があると思いますゆえに
あくまで記事の枠内を前提として、以下、自分の考察姿勢は完全に棚にあげ(笑)
「こう読んだ」程度の簡単な所感を書きなぐります。


1.前提、瑣末な点として

→検証における本論展開(あくまで私がそうみたというもの)を

「確殺条件の影響→HP狂でも赤字補填分を計算に加味した場合、火力重視スタイルとの間にある成長速度の差を埋めることができる→ゼロサム狩り⇔多様なプレイスタイル選択の裏づけ」

とするならば「HP狂以外・他プレイヤの赤字補填力の比率」を検証の俎上に上げた方が、当然さらなる妥当性が担保できるものと思われます。

もっとも本質的にもともとHP狂が火力重視より低コストで成立していることは氏の読者なら先刻承知のため、あえて論の展開を赤字補填に集約しなくても良かったのかもしれません。


エリクサ系は現状においても楓などの人口の多いサーバでは条件下に組込めそうな点。


2.可能性をみた点

a)最高値について
参考 jami:type1=1とした場合の単位時間あたりの時給比
                ( TYPE(ラウンド))
+----+---+----+--------+--------+----+----+----+----+----+
| |lv |魔力|ジェネlv|確殺条件| 1| 2| 3| 4| 5|
+----+---+----+--------+--------+----+----+----+----+----+
|jami|165| 888| 1| 3| 1|0.94|0.79|0.56| |
+----+---+----+--------+--------+----+----+----+----+----+
|k |164|1063| 10| 2|1.16|0.96|0.96|0.79| |
+----+---+----+--------+--------+----+----+----+----+----+
|y |166| 947| 20| 2| 1|1.17| 1|0.69|0.64|
+----+---+----+--------+--------+----+----+----+----+----+

・確殺条件が2or3:TYPE1にあって15%強程度の差。
→まず評価前提として、この値を大きいとみるか、小さいとみるか

⇒つまり実地では確殺条件がそのまま反映されていないことへの単純な疑問と
確殺条件の実際が「この程度の差なのか」という驚きも含んだ個人的印象。
(個人的にはこの辺りも、もっと知りたい気になったり)

ゆえに次の点が気になる。
・確殺条件が同値/TYPE1にもかかわらずk1≠y1(15%強程度の差)
・y2>y1の理由(つまり敷衍すれば当該条件下の効用最大値の本質問題)は何か。
→ジェネ検証(⇒強化値による確殺条件の設定)にもかかわらず
実質的に設定条件以外の要素の存在と影響値が大きく(「ジェネシスあれこれメモ ~赤字軽減のために~」の内容、8秒湧きルールや使用スキルの組み合わせetcに依存するのヵ)、結論から見れば、むしろこちらも明確に(又は観測)したものを知りたい。


b)最低値(ゼロサム狩り近辺)について
(ただし前提に「ラウンド」の定義の曖昧性、グラフの同傾きへの疑問点などアリ)

参考 コスト1mあたりの時給値
+----+---+----+--------+--------+----+----+----+----+----+
| |lv |魔力|ジェネlv|確殺条件| 1| 2| 3| 4| 5|
+----+---+----+--------+--------+----+----+----+----+----+
|jami|165| 888| 1| 3|5.59|5.82|8.44| 137| |
+----+---+----+--------+--------+----+----+----+----+----+
|k |164|1063| 10| 2|4.28|5.51| 5.2|6.42| |
+----+---+----+--------+--------+----+----+----+----+----+
|y |166| 947| 20| 2|2.49|3.29| 4.1|5.51|31.3|
+----+---+----+--------+--------+----+----+----+----+----+
「ジェネ」の「抑え具合」による傾きの本質的な境界はjami:3~4/y:4~5の間。
⇒もう2、3データを加えれば、ゼロサム狩り近傍への急激な傾き(ここが個人的には本質の一つに思うところ)を含んで結構正確に式化できることによる可能性。
→狩場の組み合わせ次第では「赤字→赤字補填」のサイクルすら積極的に採用しなくても良いのでは、という可能性。
(このあたりはジャミロクさんは答えを出しているのかもですが)


(a,bより副産物的な可能性)
⇒しかし逆説的に本形態のデータからは「操作技術」「スキル戦略性」「回復&補助アイテムの組み合わせ」の選択結果をも「数値化」(時給orコスト化)でき、そこから汎用性も担保できる可能性を暗にというか結果的に示唆されている。


******

なんか自分で書いていて編集委員の的外れで、無いものねだりばっかりで、無理難題を言う理不尽なリジェクト文を思い出してしまった……。

改めて一応申し上げておきますが、
・実は私、ジェネ使えるキャラ持ってません(笑)。ゆえに的外れな部分が多いと思いますが「アホが何かいってる」程度に、華麗にスルーして下さい(笑)。
・そして私は相も変わらずジャミロクサイトの超絶ファンであり、プレイヤとして目標に掲げるお一人です。記事中で示唆されている第二形態完成時にさらなる記事をお書きになるのかもしれないので記事枠内からある意味分かりきった「可能性」を示すあたりで失礼。

No title

いきなり追伸。

最新コメントと入れ違いになってしまいました。
申し訳ない。
それとコピペしたために表とか文体全体が崩れてしまってます。
お見苦しいと思いますがご勘弁を。

No title

整理してみた

効率:
 [経験値効率]=[基本効率]+[ジェネシス要素]
 [消費効率]=[ドロップ収益]-[MP消費+ダメージ消費]-[禁術消費](<0)


効率に有意な影響を与えうる要素

ジェネシス効率
 手数=[敵HP/ダメージ]=2 or 3
 経験値効率=EXP/手数
 消費効率=消費MP×手数

 経験値効率において,手数3に対し手数2の効率が150%
 消費効率において,最低消費MP6200に対し最大消費者の効率133%



インフィニティLV
 経験値効率:[無敵時間]×[ジェネシス効率要素]
 消費効率:[無敵時間]×[MG消費]・・・(潜在的赤字の解消)

 LV 1:狩り時間中11/600の無敵時間
 LV30:狩り時間中40/600の無敵時間

 インフィニティLVによる差は29/600≒5%
 無敵時間は全てのラウンドに等価に存在するので,単純にグラフのバイアス



バハムート・エンジェルレイ・クァンタムエクスプロージョン

 経験値効率の底上げ
 ジェネシス連発フェーズにおいては恩恵はなくなるので,グラフの傾きを緩やかにする 
 


マジックガード

 ダメージ消費→0
 経験値効率:必然的にヒールアタックが多くなるため下がる




>茫洋さん

いや,レトリックと言われてみればそういうようなことを確かにおっしゃっていました.
多人数対1とはいえ,前のコメントという初歩的な発想,昔なら見逃さなかったでしょう.
”思考の反射神経”とでもいうか,そういうところから年齢的な衰えを感じます(笑)


それはそうとして,こう,いろんなバックグラウンドを持った人間が,
それとは関係のないひとつのテーマに集まるというのが楽しいですね.

ジャミロクさんへの評価は私も似たようなもの,
『考察』を全面に打ち出した数少ないサイトの一つとして貴重な存在だと思います.
唯一の難点が,読者の声をシャットアウトして,議論への発展を避けているところでしょうか.



さて,本題ですが
①赤字補填力
言われてみればそれはパラメータに入ってなかったですね.
通常魔はHP魔に比べて”黒字狩りスピードが速い”と考えられるので,
確かにそこを一色単にするのは奇妙かもしれません.


②エリクサー
一応パラメータを減らしたいという意味でエリクサーを外したのは理にかなっていますが,
「HP魔はエリクサーの恩恵が低く,通常魔はエリクサーの恩恵が高い」ことを考えれば,
その恩恵の算定はやはり補足として必要かもしれません.



③確殺条件の時給への不反映

EXP(m) = J(m) + E0
 EXP(m)
 E0 : 基本時給
 J(m):ジェネシス要素

ラウンド1とラウンド5の差がジェネシス要素で,
ジェネシス要素を比較すると

3発
 jami:10M

2~3発
 G:8M

2発
 K:8M
 J:20M
 Y:12M

ここまで書いてみて,このデータの考察対象としての信頼性が揺らぎました

・Jさんがジェネシスを使うのがうまいのか?
 それともジェネシスを使わない狩りが苦手なのか?

・Yさんのデータ揺らぎはジェネシスの特性によるもの?
 それとも単に不慣れから来る不安定さ?



それらの要素を外して仮に信頼できるものとして以下の仮説

ジェネシス2発で倒せても,8秒ルールの枠を破れないので効率は変わらない



私は骨で狩ったりしないので,マップ特性はよく知らないのですが,

・もし仮にジェネシスで大量に巻き込めるスポットが複数箇所あるなら,
 撃退後に移動する必要があるため手数が少ない方が有利

・もしスポットが一箇所しかないなら,8秒ゆっくりかけて倒しても変わらない


→もっとも,これはジェネシス考察ではなくて,どちらかといえばマップ考察ですな



Yさんのグラフは他のグラフとの比較には使えない気がします.
・ゼロサム狩り(5ラウンド)と4ラウンドのEXP効率はほとんど変わらないにもかかわらず,
 4ラウンドでは約3Mの無駄支出がある
 →単にジェネシスへの不慣れがあっただけの可能性が高い

非常に勝手な意見ではありますが,Yさんの全ラウンド再実験データがぜひほしいところです(笑)



ゼロサム狩りには不可解な点が多すぎて何とも言えません.
ひとえにコストを抑えると言っても,Yさん,Jさんは「とにかく出費を抑える」ことを最優先にしたのに対し,
Kさん,Gさんは「(独自の)最低許容効率を確保する」という解釈でコスト削減をおそらく妥協しています.
ジェネシスを撃つかどうかの判断すらずれているでしょう.




長くなってしまいました.
グラフもあれ一本ではなくて,単純にジェネシスと効率の視点からのグラフも作るべきでしょうが,
ちょいと今はそこまで手が回りません.


私もビショップなんぞ持っていないので茫洋さんのことは言えません.
ジャミロク考察はネタの宝庫なので,どんどんいいネタ考えてほしいので私も応援しております.


No title

こんばんは。JISさんの思惑からはずれるんですが気になったことをすこし。


(ジェネシス代+MG代) > (ジェネシス代)

それはジェネシスの考察ではない,MG切って黒字になるのはMGの考察だ
そんなのやらなくたって前々から検証されているじゃないか

本当にそうでしょうか?

自分は現在鋒DKを育てています。DKでは反撃してくる相手にスラッシャーの確殺数2発なのか,3発なのか4発なのかではメル効率が大きく違ってきます。具体的は4発:赤字 3発:
やや黒字 2発:鬼黒字 こんな感じです。

さらに5発以上となると集め狩りで真赤です。

でビショでも同じことがいえるはずです。つまり従来の狩りでのビショの攻撃はレイかヒールがメイン。必然的に集め狩りになりMGをかけるとDK以上に赤字。

しかしジェネシスで2発で狩れるのなら・・・DK同様反撃をほとんどもらうことがなくMGかけても切ってもそんなにかわらないんじゃないのか?個人的にはこう思ってました。

で実際のデータをみるとジェネシスの攻撃速度では骨によるビームを大量に受けるため結果的にはMG切ることによりかなり黒字であることがわかったみたいですがこれは今までわかってなかったことではないでしょうか?(もちろん実際ジェネ撃ってたビショさんたちは知ってたjんでしょうけど)

さらにいうと一般的な「ジェネ狩り赤い」というのはMG代+ジェネ代のことを指しているわけですがこの二つの割合はどれくらいなんでしょうか?

仮にジェネシスのみで骨を葬ったとして同じ経値を稼ぐのにかかった費用をみるとジャミロクさんがジェネ代が1.5倍であるにもかかわらず一番すくないです、(もちろん他の人はペースを落としてヒールでかなりの数を葬ってるんで被ダメが割り増しだとは思いますが)
まぁそれを考慮しても2発の人基準にすると
ジェネ代の半分<MG切った場合の黒字。
つまり骨2発の人はMGをきれなた場合には赤字が半分以下になるはずです。

骨一発が現状ほぼ不可能な以上(スキルレベル30になれば話はべつかも)現在のビショが目指すべきものは骨2発かつMG切るなはず。
普通に育ててMG切るのはよほどのHP強化をそろえないと無理なようなので現実的にはステータスを振ることになると思います。

ここからは推測なのですがただ火力を自慢したい人を除いてジェネシスをうまく使いこなすにはMG切りが必須。そしてそうするためにはHPに振らなければいけない。ではいつ振るのか?骨が2発になってから?それよりもジャミロクさんの提示するように3次直後から少しずつが合理的。つまり現在主流のステータス振りより他のときでも普通の振りに劣らないHP狂の振り方のほうがプリのスタンダートな振り方なのではないか?こういうメッセージが込められている気がします。(あくまでジェネ狩り対象が骨の場合のみですが)

もちろんこれは黒字に関してでジェネシスの考察ではないのかもしれませんが。。。でもモニターさんの自由度が高すぎであのデータは考察はできない気がします・・・。

No title

>Iさん

メイジ系列のMGと聖魔系列のMGは少し意味合いが違いまして,


メイジ・・・
MG無しで2回ダメージを食らうところを,MG有りで1回で通り抜けるならMGは赤字ではない

プリースト・・・
MG無しだと費用0,MG有りで食らったダメージは絶対に回収できない


Iさんをはじめ,DKを含むほとんどの戦闘職のイメージは,前者に当たると思います.
ブリザード・メテオであれば,MGをかけて禁術連発は逆に黒字安全高効率につながる可能性は高いです.
但し,ダメージを自己回復できてしまう聖魔は,原理的にMG赤字は回収できないんです.

ジェネシスがあろうとなかろうとMG赤字は解消できないのは,”聖魔の業界常識”といえる部分でした.
今回の論文においては,常識に対して新しい知見を加えるような結論はありませんでした.






『MG代+ジェネ代』の比率,本来MG考察ならばこっちがメインになるべきであったと私も思います.
これに関しては,ジャミロクさんが考察からカットした部分に入っています.

『ラウンド1』-『ラウンド4』=ジェネシス要素


jami:3発確定,MGなし
 R1:3.92Mメル
 R4:0.09Mメル
 ⊿=3.83Mメル

G:2~3発,MGあり
 R1:5.51Mメル
 R4:1.60Mメル
 ⊿=3.91Mメル

K:2発確定,MGあり
 R1:5.94Mメル
 R4:2.68Mメル
 ⊿=3.26Mメル

J:2発確定,MGあり
 R1:7.49Mメル
 R4:3.38Mメル
 ⊿=4.11Mメル

Y:2発確定,MGあり
 R2:7.77Mメル
 R4:2.74Mメル
 ⊿=5.03Mメル


おおよそデータシートから見て,MG代は1.5~3M程度

ジェネシス代は骨に最適化されたKさんが3.3M
標準的にはおおよそ4~5M程度がジェネシス代になると考えられます.





今回のジェネシスデータにおいては,確かにMGなしで黒字になることが追証された反面,
爆発力で追いつけないことも逆に追証されました.

HP聖魔の優位性に関しては,実は私はあまり共感するところがありません.
というのも,今までジャミロク理論が保護され,受け入れられてきた大前提に,
『HP聖魔の欠点には目をつぶる』というのが暗黙であったからです.
そういう背景があるのに,なぜ今回は通常振りの欠点のみを強調しているのかという点で,
通常振り支持派の一人として反証せざるを得ないというのが私の立場です.


ジェネシス考察は本来,
『時間0Mメルでどれだけの効率を出せるのか』ということではなく,
『時給EXP○○Mを出すにはどれだけのメルが必要か』の部分

そういう観点から見るとKさんとジャミロクさんのデータにはほとんど差がなかった
Iさんの予測にあった,MGを切らなくても結局変わりはないんではないか,
というのが私が逆に今回のデータに感じたところです.



実験者の自由度が高すぎるというのはおっしゃるとおりで,
ジェネシス全開側,ゼロサム側共に一貫性がないのは惜かったいえば惜しかったです.

No title

ジャミロクさんはジェネシスについてソロ狩りで行った場合の考察記事を書いたのだと思います。

そうすると結論がジェネシスは適度に使うのが一番いいという結果になるわけで、それだけじゃあHP狂的な結論に物足りなかったから黒字のことを書いたと勝手に推測しています。

私もジェネシスについてグル狩りの観点から考察記事を書いてみました。

クレイジージェネシストはジェネシスを考える上で
絶対必要不可欠な文章だったから、私はさらに
もう一歩踏み込んだものを考えました。
トラックバックを送りましたので、見てくださいな。

No title

>カティシアさん
この返信はそちらに書かせてもらった内容と同じです

超事後報告ながら,元々紹介記事は書く予定だったので,派手に宣伝しておきました


HP生ぬるぽは単にHPプリ考察にとどまらず,大きな枠組みでプリースト全体の考察サイトとしての価値を持っています

そしてそれ以上に,グル狩りの可能性が単にグル狩り考察ではなく,大きな枠での最大効率考察,いわばメイポの真理の一つに最も近い位置にいるサイトではないかという気がしてきました.

変な例えですが,原子力研究が人類を救う可能性と滅亡を導くリスクを両方はらんでいるのと同様,効率追求も悪意的に使えばゲームを破壊するリスクを持っています.
正直この考察が出たことで今後何が起こるのかが私は見当つかないのですが,メイポプレーヤー全体が幸福をつかむのか,はたまた,破滅を導くのか,個人的な好奇心とともに見守っていきたいと思います.


カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
目次

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
新着サイト
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。