--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-16(Fri)

AP強化と攻撃強化・2

先月はAP強化と攻撃強化の効果の比について計算した
今回はその応用で,実際にキャラを育成した時に,その強化比がどう変化していくかを述べる





成長モデル

今回はファーストキャラモデル,セカンドキャラモデル,極振りモデルの三つを立ててみた
あくまでモデルなので,当然個人差もあり,『自分と比べて強すぎる』とか,逆に弱すぎるとかいうこともあるだろうが,あくまで目安を示したいだけなので,自分のステータスで計算したいときは,真似しながら個人でやってちょうだい.


・ ファーストキャラモデル
  強化0から始め,レベルと共に強化のグレードをアップさせていくスタイル

・ セカンドキャラモデル
  強化品を持っている状態からはじめ,LV20置きに段階的に強化品を手に入れる スタイル

・ 極振りモデル
  装備更新が極端に少ないスタイル
 





ファーストキャラモデル

攻撃力
・ 新しい武器が装備できるレベルで次の武器に乗り換える
・ LV50までは強化をしない
・ LV50の武器から100%書強化を始める(+7)
・ LV80から10レベルごとに5ずつ攻撃を上げていく
・ LV140辺りで武器+手袋+マントの攻撃総和130程度で飽和


AP
・ 素APはLV100頃まで1レベル辺り4増加
・ LV100頃から素APは1レベル辺り5増加(全振り)
・ LV80の辺りから,10レベル辺り10程度の強化
・ 最終的に強化APは100程度とする


ファーストキャラモデルのステータス遷移

イメージとしては,LV50までは強化なし,LV50から武稜で100%書をもらってチキン強化,
AP強化はLV80前後から始め,最終的に装備攻撃力130,総AP1000程度で終了


もっとも,このモデルではLV150までコンスタントに装備攻撃力を伸ばしてるが,
実際には後半に行くほど伸ばすのが難しくなる.




ファーストキャラモデルの攻撃力変化
強化係数=AP / 装備攻撃力
強化係数AP強化と攻撃強化の重要度の比


総攻撃力は,ステータス欄を開くと”攻撃力”と書いてある数値のこと,ここでは弓で計算してある
例えば攻撃力数値を約1.5倍すれば両手剣数値になる

強化係数は,『攻撃力強化とAP強化の重要度の比』
前回説明したように,これは単純にAPを攻撃で割った値であり,職に依存しない


強化係数は総じてレベルと共に上昇する傾向があり,LV50時点で3LV100時点で4LV150時点で5最終的には7~8程度まであがる
例えばDEX10まで強化したマントがあるとすると,それはLV50時点では攻撃補正3強に相当するが,LV150時点では攻撃補正1になる.価値が1/3になっているのだ.冒険者のマント程度なら別に問題ないが,桃マントの攻撃が3や4ついているものになってくると,DEX8とDEX10の違いは,今なら数十~百Mの価格差に跳ね返ってくる.マントのグレードを落として武器や手袋の攻撃力を上げた方がコストパフォーマンスがよくなる可能性があるわけだ.







セカンドキャラモデル

攻撃力
・ LV10時点で,攻撃10程度の初期強化
・ LV30以降,20レベル置きに攻撃+15の武器に更新
・ LV140辺りで武器+手袋+マントの攻撃総和130程度で飽和


AP
・ LV10時点でAP+50程度の初期強化品
・ 素APはLV100頃まで1レベル辺り4増加
・ LV50で,AP30程度の追加強化品
・ LV100頃から素APは1レベル辺り5増加(全振り)
・ LV100でAP強化を更に20追加(強化AP計100)



セカンドキャラモデルのステータス遷移

このモデルは,最初から強化と資金をある程度持っており,LV20置きにある程度強化した武器が手に入れる場合.もっとも,JISは低レベル時代はチキン強化しかしないので,JIS自身はどちらかといえばファーストキャラモデルのほうが近い

鎖線が先ほどのファーストキャラモデル,実線がセカンドキャラモデルである
スタート時点でAP差50,LV50時点でAP差80つけてみたのだが,装備攻撃力では結構簡単に差がつくのに対し,AP強化はなかなか差がつかない



セカンドキャラモデルの攻撃力変化


さすがに掛け合わせるとそれなりに有意な差がついた
総攻撃力で言えば,おおよそセカンドキャラモデルのほうが,ファーストキャラモデルよりもLV10~30程度上の火力を持っている.結局,強化が先に完了しているプレイヤーは,無強化の人よりもLV10~30早く上位の狩場に移れるわけだ.狩場のメル効率にせよ,経験値効率にせよ,個人差でここまで差がつく以上,はっきり言って他人のデータはあてにならない.

なお,強化係数に関してはほとんどファーストモデルとセカンドモデルでは差がついていない.これは,攻撃力を強化した分APも強化してあるからで,その辺りは相場でバランスがとられているはずだ.






極振りモデル

攻撃力
・ LV10時点で,攻撃10程度の初期強化
・ LV43で攻撃+15のメイプル装備
・ LV50で攻撃+3の桃マント
・ LV64で攻撃+20のメイプル装備

AP
・ LV10時点でAP+80程度の初期強化品
・ 素APは1レベル辺り5増加(全振り)
・ LV50で,AP20程度の追加強化品(強化AP計100)


極振りモデルのステータス遷移


極振りキャラモデルの攻撃力変化


極振りモデル,何がきついと言えば
・ AP縛りのない装備を装備するまでが長い
・ 攻撃強化が強くないことには話にならない
・ AP強化は,通常スキル振りに比べて反映されにくい
・ 最終的に通常スキル振りに追い抜かれる
・ かといって,通常スキル振りに戻そうとすると,かなり厳しい忍耐を迫られる





実際のところはどうなのか

装備の攻撃を上げるのと,装備のAPを強化するのとどちらが安上がりなのか?

正直言うと,JIS自身はあんまり強化に興味がないし,資金的にもそうそう装備のアップグレードの機会があるわけではないので,なんとも言えない部分がある.ただ,LV100を想定して,攻撃を1あげるのとAPを4上げるのでどちらが安いのかを考えると,資金100M以内のオーダーでは圧倒的に攻撃を1上げる方が安いのではないのかと思う.

例えば,今は時価で攻撃8軍手が40M,攻撃10軍手が100Mだった.
現在の軍手が攻撃8でDEX10を上乗せしたいと思ったら,DEX10装備が60Mで手に入らない限り,DEX10を素のAPで振って攻撃10軍手を買うほうが安上がりになってしまうわけだ.今のインフレのご時勢,DEX10の上乗せがたかだか100Mでできたりはしない.


初心者が無課金で”ローリスクローリターンな”人生を送っていると,APを本気で強化する必要がある資金が手に入ることはないのでは・・・という気がする.APがコストに見合った形で手に入るのは,ジャクム兜の未強化品ぐらい.それは例外であって,一般的にAP強化よりも攻撃強化の方が安上がりである.





もちろん,1G以上の資金を持っているなら何の心配もする必要はない
でも,そうでないならよく考えた方がいいと思う

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

非常に興味深く読ませていただきました。
今後の強化に際して、ぜひ参考にさせていただきます。

今回の考察に関して「AP強化と攻撃強化」ということなので、魔3職に関してはこの通りではないわけですよね?わたしの新しい考察目標とさせていただきたいと思います。
ちなみに、投げもこの通りではない・・・ですよね?

No title

もちろん魔に関しては,基礎式が成り立っていないので,前回の関係式は通用しません.
投げに関しては,ライフドレイン,ラッキーセブンの考察をアサシン育成考察の過程で予定しているので,今回はスルーしています.

魔職考察については来月の同時期に計画しているのですが,なゆさんがそれまでに考察,発表する予定があるのであれば,その記事の内容を見て,リンクや考察の方向性の変更なども検討するので,その際に連絡くれると無駄が減って助かります.
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
目次

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
新着サイト
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。