--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-26(Sat)

メルとポイント

§ 市場のマクロ構造

先週の『メイポ1の大富豪』は本当はこの記事の一コラムだったのだが,
面白かったので単体で記事にした

これからが本題だ





プレーヤー総資産
 R = Rb × 5 ^ N × 4

一位資産
 Rt = Rb × 4 ^ N × 4

最低ランクの所持金
 Rb 

プレーヤー数
 P = 5 ^ N


4変数のうち,2変数が決まると残り2変数も自動的に確定する

例) Rb,N,Rのうち2変数を用いてRtを確定する
Rt = Rb × 4 ^ N
Rt = R × ( 4 / 5 ) ^ N
Rt = Rb × 4 ^ ( log 5 ( R / Rb ) )


各変数の意味
一位プレーヤーの所持金
 → それ以上は儲からないメイポ経済の限界

※ これは業者とて例外ではない
最下位ランクの所持金
 → 市場経済に参加するための最低所持金

※ 本当の最下位の所持金ではない
  市場に参加できない(失業者に当たる)はここにすら入らない

プレーヤー数
 → 市場経済に参加可能な人数

※ 全メイポプレーヤー数ではなく,あくまで市場取引を行える水準
  市場経済に参加できない人はここに入らない

全プレーヤー資産
 → 経済成長




わずか二つの変数で世界が決まってしまう
これが非常に重要なことである
うち一つの変数を固定し,残りの一変数の変化に対応した市場変化をみるとすると,
全部で4通りしか市場変化は存在しない

基本的にプレーヤー間の自助努力で何かが変わる話ではない


我々の想像をはるかに超える少数の大富豪と,
我々の想像をはるかに超える超大人数の貧民からなる


『転売はやめよう』
『RMTはやめよう』
『買占めはやめよう』
『相場より安く売ろう』

・・・ええ,プレーヤーがどれだけ叫ぼうと無力
扇風機で台風を起こそうとしているようなものです








1.一位の所持金が変わらない場合
  最低ランクの所持金が増大(減少)
  プレーヤー数が減少(増大)
  全プレーヤー資産減少(増大)

実社会における最低賃金問題はここに当たる.最低賃金を上げると格差解消になると思いきや,逆に失業者が増える上に景気が後退する

2.最低ランクの所持金が変わらない場合
  一位の所持金が減少(増大)
  プレーヤー数が減少(増大)
  全プレーヤー資産減少(増大)

実社会の累進課税は高所得者の頭打ちを導く意味で広義にこれに近い.
高所得者から税金を取り過ぎると,市場全体の活気がなくなり景気が後退する
特に税金対策で大企業が海外移転したりすると税収そのものがなくなる

(世論やマスコミは大企業減税を『金持ち優遇』と叩いているが,
 大企業が海外移転すると日本経済がやばいことになる)




3.プレーヤー数が変わらない場合
  一位所得増大(減少)
  最低所得増大(減少)
  全プレーヤー資産増大(減少)
※ いわゆるインフレ(デフレ)

現在のメル経済
経済成長にて市場全体に活気が出てくる

4.全プレーヤー資産が変わらない場合
  一位所得増大(減少)
  最低所得増大(減少)
  プレーヤー数が減少(増大)

増えない資産を奪い合うため,多くのプレーヤーが”失業”する









メイポ経済の二枚舌

メイポ経済には二つの通貨がある
一つは公式のメル,もう一つはポイントである
ウェブマネーも本質的にはほとんどポイントと変わらないのでここでは深く突っ込まない


何が二枚舌か

メル経済とポイント経済では経済現象が違う


メル経済
4次職あるいは業者や不正プレーヤーがメル量産
(全プレーヤー資産増大)

→ 一位所得増大
→ 最低所得増大

→→ 高度成長
メル経済は現在高度成長期にあり,空前絶後の好景気

日本にも数十年前『作れば売れる』という時代があった
『作れば売れる』ならぬ,『落とせば売れる』,
どんな高値をつけようとバンバン物が売れていく
ポイント経済
全体の流通ポイント量 ???
(高騰したからといってポイント流通量が増える根拠はない)

  一位 メル所得増大 (ポイント所得 ???)
  最低 メル所得増大 (ポイント所得 ???)
  課金プレイ参加のプレーヤー数 ???

→→ ?????









いったい何が起こっているのか

???てなんやねんと思ったかもしれないが,ぶっちゃけJISは最近あまりINしてないし,
元々MTSには余り興味がないので実際の状況がどうなっているかは知らない



だが,メルが暴落している以上,メルではさばけない商品がどんどんMTSに流れているはずである
メル高騰はよく議論されるが,ポイント側でなにが起こっているのかはあまり議論されていない気がする

仮説1 MTSではデフレ進行
仮説2 ポイント流通量も増えている
仮説3 アイテムが不良在庫としてMTSに蓄積中


いずれもありえると思うが,持続可能なものは一つもない
どれが起こっていたとしてもそれなりに面白いので,考えてみると楽しいかも






カテゴリー タイトル 投稿日
経済考察
次回 バブルリングバブリング 2008年9月12日   
前回 メイポ1の大富豪 2008年7月16日
全職スキル振り ― 総目次


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

ちょっとささいな事でパソコン使用禁止になってしまったのでブログを
期限付き更新停止にします。
リンクは残しますのでそちらの方も残して頂ければうれしいです
ではまた九月一日にお会いしましょう

まさに現在のメイプルはバブル経済に近いですね。
ただ最近は若干、勢いが衰えていて株のように高いうちに売っとけ的な考えが広まっているのでバブルが弾けるのはそう遠くないでしょう。

MTSの記事楽しみにしています。

余談ですが、ネトゲにも不況って起こりうるんですかね?自分はバブル→平常→バブルの繰り返しだと思っているのですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>monarizさん
理由は聞きません,結果が全てです
でもリンクは残しておきます

水の事故と交通事故には気をつけてください
また新学期にみなさん一緒に会えるのを楽しみにしています



>ななしさん
まあ,MTS考察といいつつ,MTS相場も何も知らないんですがね
基本的に経済現象は止められるものではないですし,
結末を予測できるものでもないですし


メル経済では不況は起きません
狩れば必ず賃金がもらえるからです.

但しポイント経済での不況は起こりえます
必ずポイントが手に入るわけじゃないからです



>独りよがりさん
よろしく!

if need be

ゲーム内で便利に使える補助装置!今や大人気です。
ゲームを思いのままに操作できて、無理なゲームプレイによる疲れなどから開放。
. macro : ゲームでの反復的な(キーボード/マウス)動作を録画して再生。
. graphic2 : ゲーム画面を認識し、使用者の指定した動作(攻撃/スキル/水薬/拾い)を実行。
この他にもオンラインゲーム専用のアイテムが勢ぞろいです。
詳しい情報をご希望であれば、下記のアドレスから確認してください。
( automouse.jp )
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
目次

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
新着サイト
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。