--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-11(Sat)

攻撃1の値段

攻撃軍手価格調査(2008年夏)

0.はじめに
1.調査方法
2.調査結果

3.攻撃1の値段
§1 60%書の成功と失敗で価格が3倍
§2 残りUG1に貼るべき書







0.プロローグ

クリップボード

攻撃軍手の価格調査をした

もちろんJIS自身が買いたいからである
JISはブログのネタ作りのために活動することはない




ただ,現状強化軍手の取引はフリーマーケットではなく,MTSが主流である

基本的にJISはメル取引しかしないので,多少割高でもフリマで売ってるなら買うのだが,
中には,『十分メルで手が届くにもかかわらずMTSでしか売ってない』物がある



むしろ最近はそういうものが非常に多い

フリマで物を買いたいからこそ,MTS相場調査は重要である
フリマには物がないので相場がない

フリマに1個しかなかったときに,その価格が妥当なのかどうかは,
MTSでしか調べようがないのだから







1.調査方法

1.MTSの『売ります』モードでアイテム名「軍手」にて検索する

2.出典品のうち,攻撃強化が完結しているものを
 ひたすらかごに入れていく


かご



3.全商品の確認が終了したらマイページに移動し,
 能力が同じ物の価格を比較し,高いものを捨てていく

マイページ









2.調査結果

攻撃補正 表示価格
(ポイント)
販売者手取り
(ポイント)
512001000
6 820 655
712001000
8 1310 1100
9 20801800
10 39503500
11 50004455
12 1330012000
13 1990018000
14 3640033000
15 6610060000
16 121100110000


後半がすげーって感じだ,額もさることながら手数料がやばい
攻撃16軍手など,一度取引されるだけで10000 pネクソンの懐に入っているわけだ


JISの活動規模は100M~数G程度(装備全部売ればの話)なので,
攻撃10~12程度が妥当な買い物といえよう






で,これって本当に相場?

軍手の価格
近似直線の方程式は
y = 14.2 * ( 1.76 ) ^ x

もしくは
y = 14.2 exp ( 0.57 x )


明らかに相場であろう

JISは最近の相場に対して全く予備知識はない
が,根元の攻撃手袋書を全ワールドから買い占めない限り価格操作など無理である

・ 11軍手がやや安めに出されている
・ 1000p前後の品物は高い


誰かが意図的に価格操作する場合,あらゆる補正の軍手を買い占めなければならない
ある一種類だけ買い占めたところで,全体の直線には影響がない
一直線に並んでいることが相場であることの証明





メイポ経済が混乱している?
誰が仕組んだでもなく完璧な秩序があるじゃないか









3.攻撃1の値段

§1 近似式 y = 14.2 * ( 1.76 ) ^ x の意味

グラフに示した近似式 y = 14.2 * ( 1.76 ) ^ x
攻撃が1上がるごとに価格が1.76倍になるという意味である
おおよそ攻撃が2上がるごとに価格は3倍なわけだ

1.76≒√3=ひとなみにおごれやおなご(1.7320508075)


ちなみに14.2が何を表しているかというと,攻撃0UG0の軍手の値段である
但し,価格が下がると手数料の影響で近似式が適応できなくなるのでその値段では売れない





~ 60%書の成功・失敗で価格が3倍差 ~

攻撃2というのは60%書が一回成功するかしないかの差なわけだ
面白いことに,価格が3倍というのは素材の能力を問わない

・ 攻撃8UG1に60%書が貼りつくと,貼りつかないに比べて価格が3倍
・ 攻撃9UG1に60%書が貼りつくと,貼りつかないに比べて価格が3倍
・ 攻撃10UG1に60%書が貼りつくと,貼りつかないに比べて価格が3倍
  ・ ・ ・
  ・ ・ ・
  ・ ・ ・
・ 攻撃14UG1に60%書が貼りつくと,貼りつかないに比べて価格が3倍



素材(UG1軍手)の価格をG,成功品の価格をH,
失敗品の価格をF,60%書の価格をSとすると

H=3.10F (3.10=1.76^2)

G+S→0.6H+0.4F=2.26F
G+S=0.73H




60%の確率で1.32倍の成功品をつかむか
40%の確率で0.44倍の失敗品をつかむか

それが60%書だ






§2 残りUG1 何を貼るべき?

世の中には30%書という素晴らしいものがある
これが成功すると,60%書の成功に対して1.76倍の価値になる
他にも70%書というものもある,闇る可能性はあるが成功率は高い




素材(UG1軍手)の価格をG,60%書成功品の価格をH,
30%書成功品の価格をI,失敗品の価格をF,
30%,60%,70%書の価格をそれぞれS3,S6,S7とする


H=3.10F
I=5.45F

60%書 :
 G+S6→0.6H+0.4F=2.26F
 G+S=0.73H

70%書 :
 G+S7→0.7H+0.15F=2.32F
 G+S=0.75H

30%書 :
 G+S3→0.3I+0.35F=1.99F
 G+S=0.64H


もし書代をただとみなせる(ほど素材が高い)場合は,
70%書のアウトプットが60%書より2%,30%書より17%ほど高い


現在(2008年夏すもも)では70%書が90M,60%書が60Mである
強化費用に対して30M差が2%になるのはF=1.5G
11軍手が1G強なので,13軍手以上を目指す場合はラスト70%書が有利となる

30%書が最も高い現状では,ラストに30%書を貼るのは大損の可能性が高い
ラストに30%を貼るぐらいなら,その素材を売って完成品を買ったほうが安い










おわりに

今日の記事はJISが軍手の相場を知りたかったところから始まっている
逆にいうと,JISが軍手の相場を元々知っていたら今日の記事はなかった



今日の記事は攻撃軍手だが,強化が好きな人は必要な強化品を素材に研究してみると楽しいだろう
少なくとも捨て書の順番なんかよりも実際に貼る書の順番の方が大事だ


※ この記事は9月前半の調査を基にしている
従って現在も通用するかどうかはしらない





カテゴリー タイトル 投稿日
経済考察
次回30%が呼んでいる2008年11月11日   
前回 転売 2008年9月26日
全職スキル振り ― 総目次



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

こう表にして頂けると
ネクソンがいかがよく分かりますね。
動画サイトなのでは糞ゲーとかいわれてますけど、
こんだけPアイテムとかで稼げてたら
ゲームとしての商品十分ですね。うらやましい。

No title

顔文字気に入ってるんでしょw?

No title

>60%の確率で1.32倍の成功品をつかむか
>40%の確率で0.44倍の失敗品をつかむか
期待値的には1未満なので勝てる人しか勝てないという以前の強化記事と整合してますね。
1とさほど離れていないのは相場の妙ですか。
さらに価格は指数的なれど、資産はべき乗(仮定)という違いもいろいろ考察のタネになりそうですね。

経済考察記事とはあまり関係ない質問ですが
、以前どの書をどのように使えば期待値が最も高くなるか試算しようとしていて、
30%、70%の呪いのペナルティの扱いに困りましたね。
・消滅する→攻撃がゼロだから負の無限大あるいは大きな値
・無視
くらい思いついたのですがJISさんならどう考えますか?

あと、せっかくの有用かつ気合の入った考察系記事ですが、
私は総目次ではみつけられなく、記事一覧からとんでいます。
いろいろな育成記事と混ざっているので新たに総目次に新設してはいかがでしょう?
長々とすみません。

No title

攻撃16軍手など,一度取引されるだけで10000 pネクソンの懐に入っているわけだ
とありますがこの p でネクソンは儲けているんですか?

No title

メルカンストか解除されない理由はMTS取引でネクソン側が高額取引の手数料により儲かるからでしょうかね?

No title

>psさん

ばれた

・・・

いや,まさに資産がべき乗,商品が指数というのが多分今後の考察ネタになると踏んでいます
まだなにもプランは練っていませんが


>強化における闇の扱い
闇は消滅(攻撃0,0メル)でしょう
負の無限大とか,一体どういう仮定ですか(笑)


目次に関しては,今整理中です
確かに目次を作った当初は考察系記事が全然なかったので,
既に時代にそぐわなくなってますね





>>この p でネクソンは儲けているんですか?
ネクソンのメイプルストーリーにおける収支はよく分からないですが
・ 一般課金アイテム
・ ガチャポン
・ MTS手数料
の中では,なんだかんだいっても一般課金アイテムが主流ではないでしょうか?
なんせ,一ヶ月たつごとにサクチケザクチケ等は課金プレーヤーの人数分確実に更新されますから


>>メルカンストか解除されない理由はMTS取引でネクソン側が高額取引の手数料により儲かるからでしょうかね?

メルカンスト解除がないのは単にシステム上の問題でしょう
あと,メルの商品価値が下がることで業者が動きにくくなるという効果もあります



カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
目次

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
新着サイト
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。