--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-25(Thu)

都会のかえで 田舎のすもも

JISの系譜 番外編

― 非公開サブ in かえで ―





0.JISym
   ↓
1.JISyl-JISyn
   ↓
2.JISyc-JISyt-JISyz - 非公開(かえで)
   ↓
3.JISyk-JISch




楓ワールドとJIS

JISと火毒魔,実は非常に縁が深い
JISは火毒魔を過去3人育てている

3人目はご存知10000メルのウィザードJISck(46)
2人目が今日の主役のJISch(100)

実はもう一人いる




楓JIS


このキャラが初代火毒メイジ
その後の火毒育成はこのキャラを基にされている超重要キャラだ


活動時期は2年前,活動ワールドは楓
JIS唯一の非公開サブで,名前もJISではない








ワールド比較「 かえで VS すもも 」



ほとんどの人は基本的に最初にプレイしたワールドでずっとプレイするだろう
他のワールドの様子など,噂でしか聞かない
その噂すら信憑性があるものなのかどうか良くわからない



弱小ワールドを初めて飛び出した田舎者JIS

行く先は日本メイポの中心かえで




かえで
2003年8月~

第1ワールド
チャンネル数18

すもも
2005年3月~

第6ワールド
チャンネル数10





当時すももは最も新しいワールドの集団にいた
すもも出身の有名サイトはまだなかった

(当時はそう思っていた
 だが,すもも発の有名人が生まれなかったのは
 メイポコミュニティの衰退が既に始まっていたから)






ひっきりなしの当たり屋募集(かえで

当時の楓ではひっきりなしに姐御の当たり屋が拡声器募集されていた


当たり屋,別名をPG戦士
主にパワーガードで強敵から経験値を吸うために存在する
職はソードマンもしくはページだが,レベルアップ時にもらえる全てのAPをHPに振る
当然弱いし,自立して狩ることは事実上不可能

詳しい説明 → メイプル料理教室



すももには伝統的に当たり屋が存在しない


すももは当時から今に渡り,PG戦士なる存在が公然と認知されたことはない
多分今後も認識されることはないだろう



ボス関連では,すももには姐御や武者での横殴り公認というルールがある
おそらくこれも全ワールド共通ではないと思う

参考 ネコノート『甲冑すももルール




正規(かえで
横殴り,詐欺をしない人のこと

例)
 ギルド員募集:正規でマナー○の人,内緒よろw



すももに『正規』と言う言葉を使う人間はいない

言えばそれなりに意味は通じるが,「こいつはすももの人間じゃないな」ってのが判る


「すももは他ワールドに比べて横殴りが少ない」などと,
他ワールドから来るプレーヤーからよく言われる

それが多いワールドでは「正規」と強調しないといけないんだろうか?
ある種の合理主義ではあるが

あふれかえる露店(かえで
出店数はすももの3倍?

当時すももは1chの1~7ぐらいまでしか店がなかった
それを背景に2chフリマ計画なるものまで画策する人間が出た

一方のかえで,1chではおさまりきらず,
2chまで店が出ていた


相場を比較する以前に品揃えで圧倒的にかえでのほうが上

もっとも,現在はエルフ実装ですももも1chをあふれ出しているし,
MTSで全ワールドつながっているので品揃えで困ることも少なくなりつつある




ルディクエ一段階持越しがデフォルト(かえで
かえででは一段階をクリアせずにカードを持ち越しし,
4段階,7段階と6段階の大半をパスするのが当たり前であった

パーティー内に持ち出しできる人間がいれば暗黙でパスモードに入る



時代はスチラー絶滅パッチの直後
実はスチラー絶滅に対する反応はワールド間格差があった

2段階を二手に分かれることすら根付かなかったすももは,
どちらかと言えばスチラー絶滅に歓迎モードだった


一方のかえでは,スチラーの効率に未練たらたら
”頭のいい人”が冒頭の解決策を編み出しましたとさ













敗北

都会の現実は厳しかった

人間関係をルディクエで整備しようと思っていたJISは愕然とした
ルディクエがつまらない,こんなところにまともな人間がくるわけがない



『持ち越しはつまらんからやめよう』と言ったら,
『パスすることで重い人が落ちるのを防げる』と返ってきた
かえでの理屈はよくわからん



オルクエもなかったあの時代に,
低レベルプレーヤーはどうやって人間関係作っていたんだろう?


『パーティークエストで友達を作る』
最も難易度の低い手段であり,また基本中の基本でもある

ギルド?
ギルドはレベル制限がついてる


効率を求めるのは勝手だが,人の集まらないところでやってくれ
人が集まる場所でやるな,効率と引き換えにワールド全体が衰退する






LV50になってギルドに入ってみた
正規ギルドを強調してギルド員を募集し続けるマスター

目的のよくわからない”正規”ギルドからはどんどん人が消えていった
ギルド員はおろか,マスターすら挨拶しない
ましてやチャットが弾むわけもなかった

ギルドが”正規”であることに魅力を感じるか?
そんなの普通であって,それプラスαに初めて存在意義がある


それ以前にLV50まで人間砂漠を生きてきたプレーヤー達が,
メイポで初めてのコミュニティにすんなり順応できるのか?






結局かえでワールドにはなじめなかった
何が悪かったのかを考えても,かえででの育成の突破口が未だに分からない


かえでの長所?
人が多い?

・・・はずだが,人はどこにいたんだろうか?


LV70を期に活動終了
二度とかえでに戻ることはなかった







かえでキャラの残したもの

このキャラには今でも特別な思いがある


最低限機動力を確保しようとフリマをがんばって回っていた
移動靴書の資金を作るためにフリマ入り口で叫んでいた



タイムカプセルを開くように,装備を改めて見てみた

・ 革靴移動14
・ 体操着ジャンプ+4UG6
・ イヤリングINT6魔力10



完全に一からはじめた楓火毒ウィザード
革靴だけはきっちり14まで作っている
さすがJISらしいなぁと思いつつ






地方から,都会へ
そうか,これはJISだ


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

PG戦士はプリで解決

モミジ→カエデ→カリン→スモモ

すもものルディクエでなんで二手に別れないんだろうという疑問がやっと解決しました!。

カエデ時代が1番ながかったせいか他のワールドとは異なる事が多過ぎてうまく対応できないことが多かったのを思い出しますね・・・。

ペリマが懐かしく思える今日この頃・・。
メイプルにInできないのがもどかしくなりはじめましたなぁ。

No title

こんばんは。
実を言うと2年前にメイプル休止したときは楓でやってました。なので今回の記事はすごく実感できます。

当たり屋は結構多くいましたねー。でもすももでは全然見ませんね。

正規。よく拡声器でみたような気がします。これもすももでは一切見ませんね。

あふれかえる露店。これはよく判ります。人口が1番ですからね(多分)。露天場所がなかなか無かったです。その分品揃えも良かったわけですが・・。

ルディクエ一段階持越しがデフォルト。よくありましたよこれ。飛ばして何がおもしろいのか何にも判りませんでした。

以上長々とした私の意見でした。

本は同じ世界でも
まるで違った風景が見られるのはなかなか面白い
ゆっくり他鯖を見たことないから詳しい事はわからないけども

No title

それぞれのサーバ、時間帯でそれぞれの空気があり、
その空気を当たり前と感じてしまう。
いわゆる「横」も同じ問題でしょう。大昔はなかった。
それはさておき、持ち越し、たしかに毎回はつまらない。
でもたまにやるとワクワク感があったりしますね。
いつも苦労していたあの道を簡単にスキップ。
タイムアタック的な魅力もあるでしょう。
箱が運でネックですが…。
人が多いとそれだけ「悪貨は良貨を駆逐する」状態になりがちですね。
それにしてもサーバの文化の違い、興味深い!

No title

初めてプレイしたサーバーが楓で、今も楓でプレイしていますが
PG戦士や、正規という表現が存在しないという話にはびっくりです・・・。楓以外のサーバーにはほとんど出たことが無かったので。

現在の楓サーバーでは、姐御武者だけでなく骨龍・卵龍・姫等の高レベル狩場にPG戦士を募集し
4次キャラクターの狩った経験値を低レベルキャラクターに吸わせることでサブを育成するという「吸わせ」が頻繁に行われています。

拡声器で募集されるのはPG戦士のみに限らず
実際に狩りをして吸わせる4次職や、逆に「吸う人」をメル等の報酬と引き換えに呼んでいる場合もあります。

レベル105~120程度の当てずに吸えるキャラクターが、4次職の狩りを吸っているのもよく見かけますね。
大抵、敵の攻撃が届かないロープ等にぶら下がっています。
吸わせる側の職業は禁術狩りを行える魔法使い、中でもビショップが特に人気があるようです。

「残龍に50以下PG募集 こちら150BS 45吸い」
「姫で吸わせてくれる人募集 報酬1レベルあたり○○m」
・・・などといった感じでしょうか。

このような拡声器がかなりの頻度(休日は数十分に一度はあるような気がします)で流れていますね。
同じ人が何度も流していることもありますけど。

少々PG戦士と話がそれたかもしれませんが
そこまでして効率に拘り、狩りもせずにレベルを上げて何が面白いんだろう とか
私には理解できない部分が多いですね。

それにしても、PG戦士の存在すら無いサーバーがあったとは 本当に驚きです。

No title

予想外の反響が;;
なにより・・・


いまだにかえでには当たり屋がいたのか!

てっきり4次実装とともに終わるものだと思っていたら,むしろそれを契機に一層栄えていたんですね


メルでの吸わせ文化に関しては4次実装とともにすももにも入ってきましたね
ただ,育成に時間のかかる当たり屋はさすがにハードルが高いんでしょうかね


カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
目次

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
新着サイト
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。