--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-26(Wed)

インテリブログの作り方

: JISさん,昨日のブログ読みましたよ
: 昨日の記事ってなんだっけ?
: ええっと,『バブルリング』
: はい,それですw




・・・何気にこの展開の会話は非常に多い

記事は全て予告投稿で,しかもほとんどが半月以上前に書いた記事
記事を書いた本人のJISは,どの記事が今日投稿されたか忘れている

バブルリングバブリング
メイプル武器を題材にした,レアドロップの価格変化考察
(2008年9月9日)






: 俺,商業高校なんですけど
: え"
: ちょうど選択授業で習ったのと同じでおもしろかったです
: ん?間違ってはなかったか
: はい

: 商業高校って,供給曲線の数式とかって習うん?
: 選択科目ですけど,習うこともあります
: 俺は経済はど素人だからさ,本当にあってんのかどうかは知らんのだよね
: だから,なおさらすごかったですw


経済考察をやる上で,JISが最も警戒しているのは何か?
それは経済学部の学生が出てくることである

警戒しているというのも語弊があるが,
実際の経済学との誤差を指摘してくれるのが理想だ


でも,「多分いないんだろうかな」と思っている

経済学の素人が独自手法で導き出した仮説
合っている合ってないというのはあまり重要なことじゃない
実際に正統な経済学を勉強してきた人こそおもしろいと思うはずだ








インテリブログの作り方


メイポを題材にしたインテリブログ
当たり前ながら,むちゃくちゃ難しい

題材としてはメイポはおもしろいのだが,いかんせん読者をまとめ上げるのが大変だ

① ネタ(量・質・)を確保する
② ミスをしない(投稿順序・タイミング・結論)
③ ある程度長期にわたりネタを分散する
④ レスを受け付ける
⑤ 他ブログとネタ提携する
⑥ 読者を大量に集める
⑦ 記事を理解可能な読者をメイポプレーヤーから確保する(難易度高)


普通のブログと同じといえば同じだが,よりハードルが高いと思ってもらうといい
なにせ,批判的・攻撃的な読者が普通のブログより増えるのだから

見落としがちな要素を挙げると,
ネタの数,投稿のタイミング,更新期間の長さ,素の読者数ってところか
単純にクォリティだけあれば成り立つわけではない
ネタ云々よりもブログ運営の手腕の方がだんぜん重要なのがメイポサイトの難しいところだ



ブログ読者とは非常にわがままなお客である
軌道に乗るまでは完全に読者優勢で,筆者の権利などないに等しい


自分の興味ある記事のみ理解すればよい読者
対して,筆者は全ての記事のコメントを返せないといけない

いい加減な記事を書くとすぐ読者はいなくなる
(読者は好き放題コメント書くけどな!)

読者は風の向くままに来たりこなかったりするけど,
筆者はそんなの関係なしに更新しないといけないし



難しいことをやってるのは断然読者より筆者であるにもかかわらず,
今も昔も読者が「お客様」なのだ



え?4次僕は全然読者に敬意を払ってない?

そりゃね,俺は読んでくださいなんていわねえぞ
『読ませてください』といわせるものを作るんだからな


・・・・・


おっと心にもあることを口走ってしまった!


いやいや,読者はお客様ですから
へへへ,お客さんお客さん,いい記事ありますぜ
読まない?あっそ,あっちいけ,シッシ 






意外と重要な読者数

本来,読者数はクォリティには関係がないはずだ
読者が少なくてもいい記事を書いている人はいる


・・・といいたいところだが,
『身内でこじんまり → 閉鎖的な印象』

インテリブログはそもそもが議論の場であって,
『読者を意図的に絞っている』,というのは,一種の情報操作だ
インテリブログは日記ブログではない,和気藹々じゃ意味がない


読者が多いことがオープンな印象を与え,またそれが新たな読者を呼ぶ
むしろ活発な議論が必要なこの手のブログでは,読者は多ければ多いほどよい


4次僕と他の同種ブログの明確な差は,
『読者を集めることに貪欲だ』というのを明確に意思表示していることだ


いや,他にもいくつか要素がある

・ なんでJISはいつもえらそうなのか?
 → えらそうだと,粗探ししてへこましたくなるだろう!
 →→ 粗探ししても粗が出てこない,ざまーみろ

・ なんでJISはいつも自信満々なのか?
 → 自信満々だと,正しいことをいってるような気がするだろう!
 →→ 実際に正しいことをいっているかどうかは本当は別問題,JISは専門家ではない



まあ,JISはきれいごとが嫌いだからな





『小中学生中心のゲーム』という現実
そこにインテリブログというのは,ありえない

でもありえないものが現実にできてしまった
少なくともこんなブログがありえるなど予想した人間はいないだろう

今後2番目3番目のブログが生まれる可能性はあるが,
4次僕が出現しなければ,今後現れることもなかっただろう


JISの試算では,今の4次僕にインテリブログとして敵対しうるものを作るには最低半年かかる
少なくともあと3ヶ月ぐらいは何も考えずえらそうにしていても何も脅威がない
敵対しないなら,『4次僕と提携する』という最強手段があるからな,もうちょっと短い
オンリーワンは突き崩せないのさ


邪道なものはオンリーワンとは言わない
あくまで正統派の通り道にたまたまできるものだ



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

なんだか呼ばれて出てきたみたいで若干嫌な感じもしますが、私は経済学部生の者です。

経済考察のたびに、他方であそこまで難解な数学考察をしておきながら、経済もおできになるとはすごいなあと思いながら拝見しています。

でもなんといっても自分が専攻している学問ですから、心のどこかでは粗探しをしていることもあります。
しかし、これという欠点や間違いが見つからず、感心しながらもすこしもどかしい感じを味わうことは数知れません。

そんなこともひっくるめてこのブログはいい経験になります。
長くなりましたが、密かに応援してますのでこれからもがんばってくださいね。
(なんだか見事にJISさんの術中に陥ってるような気もしますけど笑)

No title

オンリーワン。
JISさんにピッタリな言葉だと思います。
きれいごとが嫌い。JISさんの事だと思います。

今日の記事はかなりの人数を罠にはめることが出来そうですね('A`)

寧ろこのブログの罠にかかるのに、そう時間は要らない。実体験ですけどねw

No title

細かいところはわかりませんがこのブログ面白いです。毎日楽しみにみてる。

記事の進行を、あえてリアルタイムと隔絶させている感じがするけど、ある程度の順序よく並べないと新規はつらいかも。

投げと弓がおおよそどのLVにあるのか(例えばほぼ6ヶ月遅れで記事が進行しているとか)経過が知りたいです。投げの転職が遅かった記事は、かなり前に既出してて一部の読者には???な部分がありますね。

JISさんの活動を覗きにいきたいくらいの自分は、もう少し時間の流れを共有したいです。

そこらあたりも全部許容して読まないとダメなのかな?

駄文でもうしわけない 一応ファンです。

No title

JIS節全開ですねー。全文の半分くらい突っ込みたい感じですが一部について。

経済考察といいつつ数学という言語を使った需要・供給曲線の分析に終始している感。
ただ私も経済学知りませんし、そのようにならざるを得ないのは理解します。
実際上十分でもあるようですしね。

この手のインテリブログって数学的基礎知識さえあればどのネトゲでも書けてしまうという。
惹きつける文章力と運営はJISさんならではではありますが。

>対して,筆者は全ての記事のコメントを返せないといけない
>筆者はそんなの関係なしに更新しないといけないし
>むしろ活発な議論が必要なこの手のブログでは,読者は多ければ多いほどよい
JISさんコメント遅くて議論冷めちゃいますよー。
コメントの答えが記事というのも一長一短。
返事に疲れたらやめればいいのにやっているのは楽しいからですよね(笑)。

>本来,読者数はクォリティには関係がないはずだ
クォリティの定義にもよりますが明らかにクォリティが高いならば読者数は正の相関を持っているかと。逆は別として。

>JISの試算では,今の4次僕にインテリブログとして敵対しうるものを作るには最低半年かかる
インテリブログで敵対って、、議論においてそれぞれの意見は尊重されるべきだし考えうる最適解を模索するのが筋じゃないかなぁと思いますよ。

いろいろ言いたいことはあれど(コメント欄で長々と書くのもアレですし本来はトラックバックですね)、
質と量が高いレベルにあるブログであるのは間違いないと思います。
毎日(予約)更新お疲れ様です。
そうだ、ゲーム理論あたりで記事かきませんかとリクエスト。
あと,いつも思ってたんですが句点ないですよね.
以上、非常にわがままにコメントさせてもらいました。

No title

新着サイトのRSS死んでるよーw

多分あっちのRSSの管理のせいだと思うけど

No title

ぬぬう、これからも読ませてくださいっ

No title

これってアミタージュ神へのメッセージ含んでます?


粗探しして凹ましたくなるって、まさに日本人の鏡ですね。それが日本の急激な経済成長をささえたのか。

だれかJIS氏をへこましてくれーーー

No title

もうだめだ、反論できない。

読者といえども、JISさんに何もいえなく
なってしまおうのが「JISマジック」

なんちゃって

駄文失礼

自分のブログはツッコまれたくないので、~だと思うとか~だと考えられるばかりで英訳したら疑問詞のオンパレードですよ。

No title

ぁwなんか一位になってますよw

No title

> brilliancy さん
はい,術中にはめました
これで今までやった経済考察については一安心です(笑)

メイポでブログをやる上で一番”おいしい”専攻が経済学だと思いますね
経済考察なんてほかブログやサイトでもよく見てきましたが,
4次僕と同じく”我流の経済考察”なんですよね
逆に正統な専門科がメイポをどう見てるのかは非常に興味があるところです


>じむさん
普段は記事内に関連リンクを入れるなどして配慮するようにしているのですが,
今月は本人が忙しすぎたため,”書置き記事の置き逃げ”で済ませていました
すみません


>ps さん
つっこんだら負けです,そういうもんです


供給曲線だのなんだのの解析で終わるのは,実際は違うんでしょうかね?
経済自体が実体のないもので,そこに数学モデルを作って自然科学の解析手法を持ち込むのが理論経済学・・・という認識が私の中にはあるんですが

そこから先になると今度は政策経済学で,それはユーザーがとやかく言ってもしょうがない部分がありますし


>本来,読者数はクォリティには関係がないはず
本当はそういいたいところですが,現状はそうはならないですね
「良サイトにリンクしてもらえるのがまた良サイト」
逆に一読者の評価だけではメジャーにはなれないのが現状でしょう


>インテリブログで敵対
これは議論の敵対じゃなくて,サイトそのものの敵対です(笑)
むしろ「議論の敵対」はネタ提携のような扱いですからね,そういうのは双方のネタになるのでむしろ歓迎すべきです

ここで言う敵対は「4次僕以上の”すごい”考察ブログ」という意味です
4次僕が4次僕にけんかを売るようなものだと想定してもらえばいいでしょう

JISの試算というのは,「JISが今からもう一回一からブログを作って,4次僕が無視できない状態になる」までの時間だと思っていただければいいです

句点は,いつからか”わざわざ”外すようにしているんですがね
なにか醜いような印象があったもので

私もpsコメントは楽しみにしていますよ!






No title

経済に実体がないとはどういうニュアンスかわかりませんが、単純にそこに経済活動があるから、実体はあると言えませんかね。
需要供給云々は単に私のワガママでもっと身近な話(ミクロといいますか)が聞きたかったということです。
他には狩場にまつわる経済や、ネクソン側のインフレ対策の効用(政策経済学というんですか?)についても面白い気がします。
メイポ版ブラックショールズみたいな式ができたら痛快ですね(無理難題もいいとこです)。
なんとも、専門でもなく知識不足のためあいまいなことしか言えずすみません。

>逆に一読者の評価だけではメジャーにはなれないのが現状でしょう
4次僕に対する財前総回診のようなことを言いたかったのです。
ブログ運営者もまた読者であり、まさしく
>「良サイトにリンクしてもらえるのがまた良サイト」
によって芋づる式に(笑)広まるのではないかと思います。

メイポコミュニティにおいてパラダイムシフトというには大げさですが変化の気配を感じますね。
ゲームそのものに加え経済やゲーム内外のコミュニティの進化、成熟、寿命、あるいはMMO全体における位置づけなど。
インテリブログな方々にはぜひ時流をとらえてこれからの方向性を見出してほしいですね。

No title

>psさん
実体経済を例題にするとか,経済実験をしたほうがいいのでは?という意味でしたら,

私もやりたいのですが,時間がないのです(汗)

なんだかんだいって相場調査も時間がかかりますし,ましてや価格操作を仕掛けるとなると失敗のリスクもでかいですし.

あとは,何らかの一般式を導こうとしたとき,意外と壁になりそうなのがメイポの規模が小さすぎることですかね.「攻撃軍手の価格」なんてのも取り上げましたが,あれは多分,完全なマクロ経済なら,対数グラフに一直線に並ぶものだと思います.


>後半部に関し
総回診が紹介したように,私が誰かを紹介するということは多分ありません.今私がそういう形で特定サイトにアドバンテージを与えるのは,逆にそのサイトへの圧力になって可能性をつぶすことになりかねませんから.

おそらく紹介に値する可能性を持った人間は,私が手を貸すまでも無く,自力で手段を見つけてきます.むしろ見つけてくるべきでしょう.

とりあえず,今はトラックバックを開放していますし,私が個人的に興味を持った記事なら紹介もしていますし,その程度でいいのでは~と思っています.



カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
目次

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
新着サイト
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。