--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-13(Sat)

黒字狩り神話

ホワイトパン
昔はメルを貯めるためには黒字狩りをするしかなかった.努力した分そのまま自分に返ってきた.

それに比べて,今はリアルマネーを投資すれば簡単に資金が手に入る.


昔はよかった~などと続くおなじみのフレーズだ.







黒字狩りの思考実験1

10人のプレーヤーA~Jを仮定する.

プレーヤー
貯金10M10M10M10M10M10M10M10M10M10M



ワールド全体で総計100Mのメル資産が存在するわけだ.

あっ高い手袋
茶軍手
価格5M


ここにあっ高い手袋が一枚ある.あっ高い手袋は全ワールドメルの5%にあたる価値がある.
ここでは全員合わせて100M持っているので一枚5Mだ.

一人ひとりの資産は10Mなので,それなりに大きな買い物である.



ここでAさんは黒字狩りを行い,資産を30Mに増やしたとする

プレーヤー
貯金30M10M10M10M10M10M10M10M10M10M


誰かを陥れるでもなく,誰にも迷惑をかけず,黒字狩りで資産を築き上げた.



あっ高い手袋
茶軍手
価格5M6M


残念ながら黒字狩りは周囲に何も影響を残していないわけではない
Aの黒字狩りはワールド全体の通貨量を1.2倍に増やしたため,物価は1.2倍になった.

物価上昇のせいで,B~Jはあっ高い手袋の購入は若干厳しくなる.
B~Jは微妙にではあるが,Aの黒字狩りの被害者だ.





黒字狩り信仰の裏

JISは3年前から,黒字狩り信仰に対して冷めた目で見ていた.

もちろん,黒字狩りで資産を築くのは個人の自由だ.
だが,黒字狩りはメル価値を落とし,特に収入に乏しい底辺プレーヤーの資産を目減りさせている.
黒字狩りのサクセスストーリーがもてはやされることには抵抗があった.



黒字狩りによるインフレ効果は非常に気がつきにくい傾向がある.
例えばさっきの例,

プレーヤー10人黒字狩り前黒字狩り後価値
手袋価格5M6M1.2倍
Aの資産10M30M3倍


Aの資産は3倍になっているにも拘らず,物価は1.2倍にしかなっていない.


そしてワールドの人数が増えれば増えるだけ,気がつきにくくなる.
プレーヤー人数が10倍になるごとに,インフレ効果は10分の1に落ちる.

プレーヤー1000人黒字狩り前黒字狩り後価値
手袋価格5M5.01M1.002倍
Aの資産10M30M3倍



黒字狩り社会は持続可能ではない.
3年前にそれが持続可能な錯覚に陥ったのは,
メイポの人口が黒字狩りプレーヤーに対して圧倒的に多かったからに過ぎない.


黒字狩りが蓄積すると通貨危機へとつながりうるにも拘らず,
相場上昇は非常に小さいため目に見えない.


えてして黒字狩り神話に疑問符を投げかける人間は出なかった.






黒字狩りの思考実験2

10人のプレーヤーA~Jを仮定する.先ほどと同様,一人10Mを持っているとする
A~Dが黒字狩りを行い,資産を30Mに増やしたとする

プレーヤー
貯金30M30M30M30M10M10M10M10M10M10M




あっ高い手袋
茶軍手
価格5M9M


黒字狩り路線が浸透すると,世の中がどうなるか,それは火を見るより明らか.
こんな状況になると分かってるなら,「黒字狩りなんかやめろ」といいたくなるだろう.




 黒字狩り前黒字狩り後価値
手袋価格5M9M1.8倍
A~Dの資産10M30M3倍








「昔の黒字狩り路線に戻ってほしい」という勢力(主に古参プレーヤーによる)がある.

チートのせいだの,MTSのせいだの,4次職のせいだの,
運営のメル管理が甘いからだの,それは本質を見てない.

思考実験1(Aのみ黒字狩り)と,思考実験2(A~Dが黒字狩り)の違いってなんだろう?


黒字狩りをしたのが自分だけか他の人もやったのかという違いだろう.




黒字狩りで全員が資産家になることなどありえない.
「資産家希望者をいかに少人数に絞るか」,そこがポイントだ.
黒字狩り全盛期というのは,「いかに資産家になれない人が多かったのか」の裏返し






△ 黒字狩りで自分だけ資産を築ける昔のメイポは楽しかった
○ 黒字狩りで自分だけ資産を築ける昔のメイポは楽しかった


自分だけが金持ちになれるメイポ
そんなのが楽しいメイポだと支持されるものだとは思えない.
インフレは多くのプレーヤーがより裕福な生活を求めた結果の必然.

黒字狩り社会を支えていたのは,黒字狩りをしない底辺プレーヤー
成功者より圧倒的多くの”負け組”の上に,黒字狩り神話の摩天楼が存在した.

3年前に戻ると初心者に優しいゲームになるのかというと,それはノーだ.
そんなのは,当時貧乏だったプレーヤーに聞けば一発で分かること.






カテゴリー タイトル 投稿日
経済考察
次回      
前回 MTS手数料2008年11月24日
全職スキル振り ― 総目次



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

僕は今でも黒字狩りを続けてますけどね。
若干昨日の記事にも関りますが、そんな僕にはメルアップが非常にありがたかった。
この前はどうもでした(´・ω・`)

いくら非効率でも、メルが目に見えて溜まっていくって面白くないですか?

それが、たとえ薬代等で消えても人気上げる~でも何でも、黒字狩り以外で稼げるポイントが、今では大いにある。

今の時代、たかが知れている黒字狩りをして、その間で出てくるレアドロップを交換用に保持しておく。
僕にとってのいい時代ですよ、薬代を簡単に稼げる今は。

昔は敗者だったので(笑)

…つまり今でも敗者?


もし「あっ高い手袋」が、欲しくなったら僕ならそこら辺のカラスでも狩ってで「あっ高いジャンプ靴30!」を手に入れるようにしますよ(笑)

No title

今も昔も茶軍手はあっ高いですね~
それを求めてガシャポンをした時代が懐かしいです。
あっ高い←この言葉何か気に入りました。

No title

メイプル内の価格高騰がはんぱないですね。
まともに買い物できないや

No title

確かに昔から黒字狩りではメルは増え続けるだけですからね・・・フリマでの循環で。
最近はどのくらいが金持ちかもわからないようになりました。

No title

インフレはチートによるところが、大きいのは事実です。
他の国のメイプルストーリーの相場を調べればわかります。

△黒字狩りで自分だけ資産を築ける昔のメイポは楽しかった。
○黒字狩りをすれば、だれでも資産を築ける昔のメイポは楽しかった。

○今のメイポでもRMを使わなくても、資産を築ける。しかし黒字狩りで資産を築くのは効率がわるすぎる。

○黒字狩りの意味が弱まったので、赤字覚悟で効率重視の狩をするようになる。そんなメイポより、黒字狩りと効率狩りのジレンマのあった昔のメイポは楽しかった。

No title

LV30キャラ3体作って ジャンプ靴3枚手に入れれば日シュリになる。

始めた頃(2年前の春)は夢の装備だったジャクム兜や10軍手だって半年で到達できる。ホントだぞゲーム内の稼ぎじゃジャクム兜は無理だったんだぞ。

そんなに悪い時代とは思えないんだが。

最近はRMT業者粛清のせいか急速に物価が下落している。もしコレが資産家のメル抱え込みのせいじゃないなら、本当にメル増殖やってたのかも知れないね。12月に入って2割近くメルが減ってる気がする。

No title

確かに、全体の持つ資産が増えれば相場が上がるのは必然ですね。
いくら昔がいいなんて言っても、全体のメルの量は増える一方で書が買えなくてどうたらなんて言ってる人は昔から書が買えなかったわけで(←自分ですが^^;)結局は自分だけが金持ちになりたいという願望にすぎないことだとわかりました。

よく考えれば今のメイプルは初心者に優しいようなきがします。
しかし、その優しさはただ初心者を甘えさせているだけであって赤字赤字で苦労することも大切だと思います。

こういう経済問題とした記事は身近なことでいろいろなことを考えさせてくれますね。

No title

 過去が良かったと盲目的にほざく阿呆共に結構前から文句を言っていたんだけどね。

 切手だのメル増殖だののせいにしているが
引き金となったのは紛れも無く「黒字狩り」

 赤字狩り推奨派に属する身としては痛快でした。

No title

黒字狩りは狩りの工夫であって、ある種の努力がそのまま相対的資産の増加につながるのは自然だと思います。
低レベルプレイヤーでも黒字狩りは行えて、資産は相対的に増える。
何もしなければ資産は相対的に目減りする、ある意味正しい競争社会ですよ。
問題は高レベルプレイヤーとの黒字狩り速度が段違いであることですね。
しかしこれはいわゆるオフゲでも言えるゲームデザインの問題で、所得税やらの税制を導入しない限り格差は解消されないでしょう。

>黒字狩り社会は持続可能ではない
>黒字狩り社会を支えていたのは,黒字狩りをしない底辺プレーヤー

全員黒字狩りは格差は拡大しますが、全員赤字狩りは真に持続可能ではない。
赤字狩りを支えているのは、昔黒字狩りをしていた自分と他人。
レアアイテムさえ出れば赤字狩りを続けられる、それもインフレのおかげ。誰かがメルを蓄積してくれたおかげ。
赤字狩りこそ贅沢なんじゃないかなと逆に言えます。
黒字狩りはおいしい神話ではなく健全な社会活動じゃないでしょうか。

昔は赤字狩りによって世界全体のメル均衡を保つプレイヤーは少なかったでしょうが、ある程度装備が完成したプレイヤーらのメルを使う必要がない層はそれこそ湯水のようにジェネシス狩り等をすることで異常なインフレからのゆり戻しが起きるでしょう。
(基本的に人は資産を減らしたくないので微々たるものかもしれませんが。)

本質は黒字狩りにあるとして、ここまで悲劇的(喜劇的)なインフレをおこしたのはチートによる増殖でしょうねぇ。
心情的には他の方のコメント、
>○黒字狩りの意味が弱まったので、赤字覚悟で効率重視の狩をするようになる。そんなメイポより、黒字狩りと効率狩りのジレンマのあった昔のメイポは楽しかった。
>しかし、その優しさはただ初心者を甘えさせているだけであって赤字赤字で苦労することも大切だと思います。
に同意します。

>メイポの人口が黒字狩りプレーヤーに対して圧倒的に多かったからに過ぎない
考察的には黒字狩り速度の向上とユーザ数増加と比較したインフレ速度に興味があります。

No title

250000accessおめでとうございます!!

批判に負けないように頑張ってください!

No title

黒字狩り
今はインフレで別に黒字だろうが赤字だろうが・・・
といった結論に達してしまってるんでしょうが
昔も 
『〇〇の狩場でドロップしたポーション回復で1LVあがった~!w』
みたいな発言してみても
10人いたとしたら その内『おお!w』と反応してくれる人は
多くて3人くらい 普通1人か2人><って感じでした

『それがどうしたの?』的反応が多かったです

大半の人は 今の現状が居心地良いのでしょうか・・・
それとも出会いの幸が薄いのか・・・・・・orz

と悲観的な考えが この記事で少し救われましたw

No title

自分は黒字狩りをしないプレイヤーですねw

No title

例え、自分が黒字狩りをする事で相場は上がっていってしまう、ということを皆知っていても、
「黒字狩り」をしたと思います。
相場はどんどん上がっていくことを皆知っているから。
欲しいものを手に入れるためには、メルを他の人よりいち早く貯めなければいけないから。
将来インフレになる事がわかっても、欲望には勝てないから。

メルを貯めたい→黒字狩りをしよう!というのは普通の流れだと思います。
誰も黒字狩りをしなければ確かに相場は上がりませんが、
メルの溜まる量は0なので何も買えるわけがないです。
つまり昔は当たり前のことを信仰していた、というわけですね。
「なんで一々そんな事を言わなければいけないのだ」
という疑問は私も持っていましたが。
「それは違うだろう」のような事は思っていませんでした。

現在のインフレ状態にしてしまった原因は確かに自分達ですが、
それでもやはり「昔は良かった」のは事実です。

私の場合は、欲しいものを手に入れるだけならドロップ狙いの狩り、つまり「現代の黒字狩り」のような事をすればいいので、
リアルマネーがなんだとかそのような事は気にしていないです。
ただ、「赤字狩り」をするときの「赤字」の価値が減ったのが、寂しいです。
その点で「昔は良かった」です。
塩ラーメンの消費が○個だから・・・やった、ぎりぎりで黒字だ!とかどうでもいいことで喜んでいました。(確か黒字額は30000メルちょっと)
今は「書」一個ドロップで数十Mという世界です
数十M分の赤字狩りしている間に次のドロップが出てしまうので、
赤字になりようがないのです。

追記:私が懐かしむ「昔」は一年半くらい前の事で、
その頃の私は4次職にはまったく目を向けていませんでした。
4次は確かに実装されていましたが、まだ完全に4次社会に移行しておらず、
丁度120直前の「赤字狩り区域」の人が多かったように思います。
なので、私は赤字狩りを懐かしんでいるのかもしれません。

No title

まあ,「陣営が二つに分かれる」,というのは予想していたことではあります.
事実分かれている結果現状があるんですから.

ただ,二つの陣営がありながら,発言力の大きさで圧倒的に黒字回帰希望が優位にある現状には一石を投じておかねばなりません.


『昔は黒字か効率かの選択肢があった』という指摘に対する私の疑問は,
「そもそも,『黒字か効率か』の選択権を持っていたプレーヤー自体が,全体から見れば上層数割ではなかったのか?」ということ.
私が始めた3年前は,LV90で既にランカーでしたから.
意外と,「自分が低レベルだった」と思っていても,全体から見るとかなりの高レベルだったりします.


加えて,赤字云々に関しては,
本当に赤いのは3次後半(がんばる人なら2次後半?)から.
それまでは現実問題として黒字狩りしかできません.
結局3次後半時点で「今は赤字狩りがゆるい」といっても,低レベルプレーヤーから(少なくとも私から)見れば,やはりおいそれとは届かない高レベルの話です.

なんだかんだいっても,未だに3次後半というのはそうそう届くレベルでもないですし,
3次後半に届かないプレーヤーの視点(おそらく人口比は4次職の数倍~数十倍いると思われる)では,3年間で変化したその他の要素に比べると,インフレによる変化など「誤差程度」なのではないかと思います.



No title

「陣営が二つに分かれる」とは、大雑把で不適当かもしれませんが、「昔は良かった派」と「今が良い派」ですか?
「昔は良かった派」は(どんな話題に限らず大抵は)昔のいい部分だけを抜き出して懐古しているだけですね。

>「そもそも,『黒字か効率か』の選択権を持っていたプレーヤー自体が,全体から見れば上層数割ではなかったのか?」
>本当に赤いのは3次後半(がんばる人なら2次後半?)から.
>それまでは現実問題として黒字狩りしかできません.
額や収入(ドロップメル・ETC)に対する赤字(被ダメ・スキル消費)の割合は別として、全てのプレイヤーがその選択肢を持っていたのではないかな、と思います。
例えば1次転職直後の、通常攻撃かスキル攻撃かという選択肢。
クレイジージェネシストにおけるゼロサム狩りの概念はレベルと職を問わないはずです。
 *4次僕内の該当記事を読み返しましたがコメント欄の質が高く、輝いていますね

>3次後半に届かないプレーヤーの視点~インフレによる変化など「誤差程度」なのではないかと思います.
今回の記事は「あっ高い手袋」を購入しようとするくらい高いレベルだけの話ですか?
そうでなければ今回の思考実験は低レベルにとって「黒字狩り信仰は誤差程度」という結論にみえますが・・・。
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
目次

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
新着サイト
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。