--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-03(Sun)

野生のギルド





今日,ギルドに出会った

















ありの巣で狩っていると突如ギルド招待がきた
特に受ける理由もないが,断る理由もない
OKしてみた


ギルド総員7名
連合はなし
最高レベルは58
とりあえず『よろしく』としゃべってみるも,返事はない

INはマスターのみ
おおざっぱに2次職前半が多いようだ




'yurinews'様がギルドに加入しました。


なぜLV43のギルドマスターがこのマップにいるのか?

特にモンスターを狩るためではなく
明快にギルドメンバーを誘う目的で来ているようだ

直後に一人新規加入,LV14
LV14?

こちらも狩りに来たわけではなさそう
冷やかしでなければ,スリーピーウッドからの脱出方法を迷っているのだろう







非常に興味深い点がある

一つ目に、勧誘の場所
ギルド総員6人、手当たり次第に次の新人勧誘しようと思ったとき,
アリの巣を選ぶ理由はなんなのか?
2年前ならごくごく普通だったこの勧誘方法は,今や非常に効率が悪い
なぜかマスターはこの古典的手法にて勧誘を行い,
また偶然か必然か,二人の新入メンバーを獲得した


二つ目に勧誘の目的
マスターは明快にメンバーを増やしたいという意欲を持っている
しかし,勧誘後になにをしたいのか,目的がまるで見えない
チャット?ギルクエ?狩り?連帯感?報酬?世界征服?


マスターは何も語らない
メンバーを増やすだけ増やすと,
静かに去っていった












翌日も,その翌日も,ギルドメンバーに出会うことはなかった


新規プレーヤーは日々生まれ,
彼らが日々何十と新しいギルドを結成する

しかし,ギルドとして明日に存続するものは,ごく一握りに過ぎず,
多くのギルドは崩壊し,そして多くのギルドは衰退する
衰退するギルドの数は,生まれたギルドの数にほぼ等しい





もしも,明日も存在していれば,
また会うことがあるかもしれないね
ばいばい






ギルドを脱退しました。






comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

お初です。

アリの巣での勧誘
スリピの迷子
なにもかも懐かしいですね

なんだか無性に切なくなります

とりあえず世界征服したくなりました(笑

No title

Jちゃから愛してるって
最近σ(・ω・*)ゎ聞かない

ハッ! 言われたことない!

どうもσ(・ω・*)です!!!

キャーキャー(*ノωノ)


で、σ(・ω・*)PC変えたらメイポできなくなったのだよ

一瞬しかINできん・・・


あとさ、


じ・・自分のギルドゎ?;

ブラックベリーがんばってるよ。・・・みんな・・;
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
目次

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
新着サイト
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。